Zenfone Max 驚異のバッテリー!ゼロパーセントまでとことん付き合う。

赤ランプ点灯
Pocket

朝起きると。

驚愕のバッテリーの持ち主。Zenfone Max。

「Zenfone Max 驚異のバッテリー!初回レポート。では90%程度の充電状態から、軽いブラウジングやメールのチェック程度の使い方では6日後でも17%残っているということをご紹介しました。

さて、その17%から充電せずに朝起きると、上の写真のようにピコンピコンと赤ランプが点灯してこんな画面が。

残り14%です
残り14%です

残り14%だと?!最初は焦りましたがZenfone Maxだから大丈夫。

つまり、夜17%だったのが朝起きて14%。数%しか減っていません。前のスマホだと残り50%ぐらいでも翌朝は突然お亡くなりになってましたからこの安定性は驚きです。

そしてこの画面では「タップしてスーパー節電モードに変更できます」ということなので、タップしてみると…。

バッテリーモード
バッテリーモード

こんな画面が出ます。

ASUSの賢い省電力設定アプリ

実はこれ、ASUSがZenfone用に開発した「省電力設定」アプリなんです。もちろん標準で入っています。これがツボを押さえています。

一番上に表示されている「残り1日4時間」という表示はかなり強気な見込み時間ですが、これはAndroidが標準提供しているもので、どんなAndroidのスマホにも入っているバッテリー見積もり時間をそのまま使っているだけなんです。

それに対して、4種類のバッテリーモードに対する待機時間、つまり、パフォーマンス(待機14時間)、スマート(待機15時間)、省電力(待機26時間)、スーパー節約(待機35時間)とありますが、これがASUSによる見積もり時間。

それで私が使っている標準的なスマートモードでは、「1日4時間」ではなく、あと15時間ということなんです。これを見て、これから出勤して戻ってくるまでぎりぎり充電しなくていいんじゃないか?と思いました。さて本当でしょうか?

バッテリーマラソンへ。

ということでバッテリーマラソンに突入です。昼間は1時間ぐらいブラウザーやメールは使っていました。そして、20時ごろ帰宅です。

バッテリーの
バッテリーの残量

なんと1%残っています。そして、「省電力設定」アプリを見てみると…。

残り1%
残り1%

スマートモードでなんと「待機1時間」となっているではないですか!

1時間1%未満。

つまり朝7時の時点では、スマートモードで15時間待機可能との予測がされていました。それが実際には13時間待機できた、ということになります。途中ネットなどブラウザーを使ったりメールのチェックを1,2時間使いましたので、そららを差し引いて考えると、このアプリによる待機時間の見積もり機能はかなり正確ということがわかります。

また標準的なスマートモードだと、待機1時間で1%未満の消費と考えられるようですね。分かりやすいです。それで待機だけだと100%÷24時間=4日から5日は持つ計算です。

前回のレポートは、最初数日は自宅のWifi環境下で放置する事が多かったので6日以上持ったのかもしれません。

充電生活からの解放。

もちろん、待機だけだったらスマホ持ってる意味がありません。なので、私のような軽い使い方つまり、外出時にメールのチェックやたまにブラウザで調べ物をして、自宅ではWifi使って別のタブレットやPCを利用することもあるのでフルで利用するわけではない、という感じだったらごく普通に使って3日ぐらいは持つのではないかという感触です。

ついに毎日充電する生活から解放された~。久々の解放感です。

スーパー節約モードもある。

このスーパー節約モードは、電話やSMSやアラームという最低限の機能は残しつつも、その他の通信は一切切断することでバッテリーを延長します。スマートモードの2倍以上待機できるようになります。

これは少し真面目な話になりますが、震災を経験してしまった人や、バイクのツーリングや山登りといった趣味を持つ人はとても助かる機能です。例えば、スマートモードで半日しか持たない状態で、スーパー節約モードに切り替えると、1日半程度使えるようになります。震災や遭難時に切り替えて、1日長く使えるようになるのは大きな違いですよね。

まとめ

いかがでしょうか。Zenfone Maxはスマホ自体の待機時の電力消費が安定している感じがしています。それに加えて、ASUSの省電力設定アプリが賢くて、待機時間の見積もりが正確なため、いつ充電が必要なのか予測して利用できます。基本がしっかりした上でバッテリー容量が多 いので充電しないで長く使えます。スーパー節約モードがあるのは、災害時や遭難時にいざとなった時は心強いです。

スポンサーリンク
Pocket