iPhone 13とminiは5色!どのカラーが人気でトレンド?色合いが微妙に異なるので注意せよ!

iPhone 13とiPhone 13 miniの人気でトレンドのカラーはどれ?
Pocket

こんにちはっ!

2021年9月に発売されたiPhone 13とiPhone 13 mini。

iPhoneは期待を裏切らないスマホですよね。おそらくこの記事を見ている人もiPhone 13を購入することをすでに決めているに違いない。

でも、iPhoneにとってはここからが大きな問題。どのカラーにするか??とても悩む…。

今回、iPhone 13のカラーは5色。スターライト、ピンク、ブルー、ミッドナイト、レッドです。スターライトはホワイトになります。なぜ言い切れるというと、私が実際に買ったからです。詳しくはこちらをご覧ください。

さて。この5色からどれを選ぶか?短くても数年はいつも持ち歩くことになるので、色選びは慎重に行いたいものです。スターライトとミッドナイトはだいたい想像通りなのである意味期待を裏切らないカラーですが、それ以外のレッド、ブルー、ピンク、レッドは要注意。iPhone 12など前モデルで同じカラーがあるとしても微妙に色合いが変わっていることが多いのです。

また、アップルストアに行って色合いを確認しても、その場の雰囲気に飲まれてしまって正しく決定できずに後で後悔することもありますよね。アップルストアは実生活とは異なる環境なので、現実に立ち返った実生活でカラーを見つめることが大事。

それでまずはここでじっくり考えておきましょう。ただ最後はストアに行くなりして実物を見ておくことをお勧めします。

スターライト(ホワイト)

まずはスターライト。それにしてもスターライトなんてわかりにくい名称にしましたよね。これ、はっきり言って単なるホワイトです。

 

View this post on Instagram

 

우쭈(@hhaareum)がシェアした投稿

まあでも、このスターライトはとにかくカラーとしては一番安定していて無難です。長く使いたいとか、どのカラーにするか迷っているならこのスターライトはお勧めです。

ナチュラルにもフォーマルにも似合う。

 

View this post on Instagram

 

Xeyu(@yuuwizard)がシェアした投稿

実は私はiPhone 12 miniのホワイトも持っているので言えるのですが、iPhone 12のホワイトとじっくり比較すると、ごくわずかにホワイト感が増した感じはしています。これはホントにごくわずかです。いっそうクリアでシャキッとした感じがこのスターライトなのです。

 

View this post on Instagram

 

JungHo Lee(@gto172)がシェアした投稿

やっぱり清潔感はこの5色の中で断トツですよね。私はこの魅力にひかれていつもホワイト系を買ってしまうのです。iPhoneはこのホワイト系は毎回カラバリに含まれていることからも人気であることがよくわかります。欠点は少しつまらないことですね。

ピンク

さて、今回のピンク。これは待望のカラーと言えるでしょう。前モデルのiPhone 12に、またさらに前モデルのiPhone 11にも…つまり最近ピンクのiPhoneはずっとなかったんです。

 

View this post on Instagram

 

DEVILCASE(@devilcase_fr)がシェアした投稿

それで次のモデルにもピンクは含まれない可能性も十分考えられます。それでピンクが少しでも気になるなら今ピンクを選んで、後でピンクがなくなって後悔しないようにしたいものです。

 

View this post on Instagram

 

@nimm.officiallyがシェアした投稿

しかもピンクと言ってもショッキングピンクではなく、淡いサクラっぽいカラーなので多くの日本人にも受け入れやすいカラーとなっています。年配の女性でもこのピンクのiPhone持っているとお洒落に見えますよね。

 

View this post on Instagram

 

ㅁㅇㅇ(@yoon0_819)がシェアした投稿

今回の薄い色としては、スターライトとこのピンクしかありません。ホワイトはちょっとつまらないと思うなら、ピンクはお勧め。

 

View this post on Instagram

 

Ibro Rayn(@ibrophones)がシェアした投稿

日ごろのホワイト系の持ち物との組み合わせで清楚なイメージが高まります。

ジュエリーとピンクも相性は抜群。女性なら一度は持っておきたいiPhoneのカラーとなっています。

レッド

iPhoneのレッドは単に赤色というだけでなく、PRODUCT REDという共通ブランドの1製品となっています。これはその商品の売り上げの一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付する仕組みとなっています。

それでまずその支援に賛同する人や、このカラーを気に入った人が購入することになります。欠点はiPhoneの裏面にPRODUCT REDのロゴが入ることです。せっかくiPhoneってリンゴのロゴだけでシンプルなのが良いのですが、唯一それ以外のロゴが入るのが気になる人はやめたほうがいいです。

このPRODUCT REDの製品はカラーコードが明確に統一されているわけではないようで、iPhoneのPRODUCT REDも毎年微妙に色合いが変わっています。今回のiPhone 13の色合いとしてはストレートに赤色という感じでなかなか良い色合いだとは思いますが、感じ方はそれぞれですので、実機でよく確認した方が良いです。

 

View this post on Instagram

 

Elise Abdalla(@e1i5e)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

santec.ec(@santec.ec)がシェアした投稿

ブルー

さぁ、ブルーだ…。これが今回一番悩ましいカラーと言えるでしょう。

iPhone 12にもブルーはありましたが色合いは変わっており、iPhone 12はネイビーに近い濃いブルーでしたが、iPhone 13では少し薄い色になっています。

少し優しい感じでもあるのでさらに受け入れやすくなったカラーと言えます。

 

View this post on Instagram

 

MAX PHONE BQ (@max.phonebq)がシェアした投稿

ただブルー系は光の当たり方によっては、少し安っぽいというかおもちゃっぽい雰囲気になるので注意が必要です。

うまくコーディネートできればカッコイイ感じにもなるのですが、色合わせは難しいこともありますね。

 

View this post on Instagram

 

BuynowTz(@buynowtz)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Phimports (@phiaiphone)がシェアした投稿

ミッドナイト(ブラック)

いつも変わらないブラック。今回、ブルーがかなり明るい感じになったため、ダーク系にしたければこのブラック一択になります。

実際ブルーと比較するとかなり違いますよね。ブラックは渋いiPhoneだとは言えますが、渋くしたいならProにしたほうがさらに渋いカラーを選べます。あえてProでないiPhoneでブラックを選ぶ価値はあまり感じられないように思いますので、あまりブラックは個人的にはお勧めはできません。

 

View this post on Instagram

 

North Cell(@north_cell_1)がシェアした投稿

ただ、ずっとブラックはカラバリに含まれているため一定の人気は保っています。

今回のiPhone 13ではカメラのデザインが対角配置になりレンズも少し大きくなりました。それで少しProっぽい感じに近くなりましたのでブラックは似合うと言えば似合いますよね。ブラックも魅力は確かにある。

さいごに

改めて並べてみると、iPhone 13はそれほど派手なカラーは揃えていません。

前モデルのiPhone 12も地味だとは言え、パープルやグリーンといった華やかなカラーがありましたが、それらのカラーは無くなりました。長引くコロナ禍という時代を反映したものなのかもしれません。

ただ、新色のピンクとブルーは派手ではないもののかなり受け入れやすいカラーとなっていますので、特定のカラーに偏らず、どのカラーも一定の人気となると思われます。ただ特にブルーはアップルストアなどで実物を見てかなり慎重に選んだほうが良いと思われます。

どのカラーが良いと思いましたか?じっくりこの記事を見返して悩んでくださいね。iPhone購入の一つの楽しみです。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket