画面を守る!iPhone XRの液晶保護ガラスを貼って気づいたこと。

iPhone XR液晶保護ガラス
Pocket

こんにちはっ。

購入したホワイトのiPhone XR。

10万円ほどしますので高価なスマホ。せっかくなので大切に使いたいものですよね。

でもこちらに書きましたが私はApple Care+ for iPhoneには入っていません。

自分のスマホは自分でしっかり守りたいと思います。そこでこちらに書きましたが透明クリアケースと液晶保護ガラスを購入しました!

それで今回は液晶保護ガラスをレビューしたいと思います。

購入した液晶保護ガラスはこちら。

こちらにしたのは旭硝子という日本製素材だったこと、枠付きだったこと(後で詳しく説明します)と、価格がお手頃だったことです。

では早速開封したいと思います!

外箱

宇宙的な美しいパッケージ。

外箱
外箱

裏面はこんな感じ。硬度9Hとの記載があります。

この9HとはJISの規格で傷のつきやすさを数値で表すための規格。簡単に言えば、9Hの鉛筆を用いてひっかいてみて傷がつかないということです。それで硬度としては9Hはかなり固いですが、スマホのガラスフィルムとしては一般的なので9Hより小さい値であればやめたほうがいいです。

外箱の裏面
外箱の裏面

箱のサイドを見ると、ちゃんと「紙」「プラ」という表記があります。ガラスフィルムは中国製でパッケージもそのままというものが多いのですが、これは日本向けを意識したパッケージになっていて安心ですね。

サイトにはちゃんと廃棄方法のマークがある
サイトにはちゃんと廃棄方法のマークがある

箱を開けると…。

800円以内で買えたのですが、モノトーンで統一されて品質は高そうなイメージです。

モノトーンで統一
モノトーンで統一

説明書は

貼り付けキットを使った貼り方の説明と。

貼り付けキットを使う場合の説明
貼り付けキットを使う場合の説明

貼り付けキットを使わない場合の説明が丁寧に書かれています。

貼り付けキットを使わない場合の説明
貼り付けキットを使わない場合の説明

せっかく貼り付けキットがありますので、貼り付けキットを使わないメリットってあるのでしょうか。

私はもちろん貼り付けキットを使います。

貼り付けキットって?

これです。単に枠なんですけどね。でもこれがあるのとないのとでは貼り付け易さが段違いですので、この製品でなくても、貼り付けキットが付属しているものを購入することをお勧めしますよ。

貼り付けキット
貼り付けキット

付属品

こんなダーク系の渋い袋に入っています。

付属品は渋い袋に入っている
付属品は渋い袋に入っている

中身はこのように「アルコール洗浄布」「クリーニングクロス」「ホコリ除去ラベル」「気泡除去用カード」です。同じものが3種類あるのはガラスが3枚も入っているからなんです。

付属品一式
付属品一式

ガラス

こんな感じで3枚も入っている。いや2枚ぐらいでもよかったのでは…とは思いますけど、iPhone使ってる人って落とす人多いんですかね??

ガラスは3枚
ガラスは3枚

厚みはこんな感じで0.33mmです。0.3mm以下の保護ガラスもありますので操作性を重視するならもう少し薄いタイプをご検討ください。詳しくは後で書きますね。

0.33mmのガラス
0.33mmのガラス

それでは。

準備開始!

まず画面を綺麗にしましょう。アルコール洗浄布で汚れを落とします。

アルコール洗浄布
アルコール洗浄布

アルコールが付いていますので手の油がよ~く取れます。

フキフキ
フキフキ

その後、クリーニングクロスでアルコールをふき取ります。

クリーニングクロス
クリーニングクロス

そしてホコリ除去ラベルを使って細かいホコリをとります。これはシールみたいになっていてペタペタ貼ってはがしてホコリを取り除きます。

ホコリ除去ラベル
ホコリ除去ラベル

さて。

取り付けキットを取り付ける

黒いプラスチック製の枠とスマホ本体に取り付けます。

取り付けキットを取り付ける
取り付けキットを取り付ける

サクッと簡単にはまりますのでいいですね。ゆるすぎず固すぎずでいい感じです。

サクッとはまる
サクッとはまる

そしてガラスを貼り付け!

BACKという文字を裏側にして、剥離シートを剥がすと粘着面が出ますので、プラスチックの黒枠に合わせてはめ込むだけ!

ガラスを貼り付ける
ガラスを貼り付ける

できた!本当に簡単です!右下に気泡ができましたが、気泡除去用カードで少し押すと完全になくなりました。

超簡単!
超簡単!

ですのでiPhone本体の背面が傷がつかないようこんな感じで事前にクロスを敷いておいたほうがいいかもしれません。

で、枠を外して完了!

枠を外して終了
枠を外して終了

仕上がりは?

カメラ部分の切り込みは保護ガラスも切り込まれています。

ノッチ部分
ノッチ部分

こんな感じでディスプレイよりも二周りほど小さいサイズになっています。

少し小さい
少し小さい

これは意図的なもので最近のスマホは周囲が曲面になっていますので平面ガラスではカバーできないのでこのようになっています。

それで実は曲面ガラスのスマホに保護ガラスを貼り付けるのはかなり難しく、少しでもずれると保護ガラスが浮いてしまうという現象があります。

詳しくはこちらに書いています。

でも、今回の製品は取り付けキットという枠があるために、そのガイドに従って貼り付けることで失敗はしないようになっています。これはいいですね。

最後に一点だけ注意点

iPhone Xシリーズはホームボタンの代わりに「スワイプアップ」というスマホ本体の下側から上にスワイプする操作をします。

二回り小さいガラスで覆われているため、このガラスの段差がひっかかって、最初は少し悪化するように感じます。次第に慣れると思いますが…。

なかなか満足度は高い保護ガラス
なかなか満足度は高い保護ガラス

それが気になるようでしたら、少し価格は上がりますが全面保護というタイプもあります。

試していませんのでわかりませんが、おそらく周囲まで完全にカバーできるのかもしれません。しかも0.25mmです!ただケースを着けると干渉しないかどうか…。

私はひとまずこれで価格的にも内容的にも十分でしたが、割れたら全面保護タイプも使ってみようかと思います。でも予備がまだ2枚あるしなぁ…。

それではまた!

スポンサーリンク
Pocket