Google Pixel 4aカメラ保護フィルムと透明ケースを買ってみた!

Pocket

こんにちはっ!

Pixel 4a。実際に手に持つと、スマホってやっぱりこの感覚だよね~ってつい言ってしまうコンパクトさとAndroidらしいキビキビした感じ。結局Googleが王道として出したのが晴れ晴れしい気持ち。

さて。本体の外装はシンプルだけどやはり傷はつけたくない。そこでひとまず透明ケースを買ってみました。

買ったのはこちら。

Maxku Google pixel 4a用 カメラフィルム+tpu カバー日本旭硝子素材採用 高透過率 薄型 硬度9H 飛散防止処理 2.5D ラウンドエッジ加工 自動吸着 Google pixel 4a用 レンズ保護 ガラスフィルム+tpu ケース 液晶保護フィルム【カメラフィルム*3枚入り+tpu*1】

このケースの価格を見ると1,000円弱なので透明ケースとしては格安というほどではないと思うかもしれませんが、カメラ保護フィルムが3枚入ってこの値段なんです。

カメラ保護フィルム??

Pixel 4aって本体は安っぽい。だからケースは不要と思いがちですが、実は傷が一番心配になるのはカメラとフラッシュが覆われた正方形のガラスパネル部分。シングルカメラなのに正方形にする必要があったのかな?と最初は思ったのですが、見れば見るほど好きになりますね。私がPixel 4aのデザインとして一番お気に入りの部分でもある。なのでここは絶対守りたい!

Pixel 4aの特長はカメラ部分が大きい
Pixel 4aの特長はカメラ部分が大きい

このカメラ部分をガラスで保護するカメラ保護フィルムも売っているんですがこれが単品でも1,000円ぐらいするんです。

それで今回選んだケースは本体ケースとこのカメラ保護フィルムも3枚付いてくる。なかなかお手頃だったのでこちらを買ったというわけです。

でもブログで紹介されると価格が一気に上がるということもあるので早めに購入するか、価格が上がったらあきらめて別のものを購入したほうがいいと思います。1,000円ぐらいまでだったらお買得ではないかと思います。

では実際に開封していきたいと思います!

外箱

必要最低限のパッケージとなっています。ケースだけでなくカメラフィルムが入っていることがわかります。

外箱
外箱

取り出すと…。

この通り透明ケースとカメラ保護フィルム3枚にふき取り紙が…あれ2枚しか入ってない!まあいいや。

箱の中身
箱の中身

早速ケースを着けてみた!

さくっとまずは透明ケースを着けてみました。透明ケースなのでケースを着けても十分Pixel 4aだとわかるのがいい。シンプルですし透明なのでGロゴもしっかり見えるのが嬉しい。

Pixel 4aに透明ケースをつけてみた
Pixel 4aに透明ケースをつけてみた

こんな感じで白いドットパターンが入っているので完全に透明ではありませんが、これはどの透明ケースでもこうなります。あとこの透明ケースは正方形のカメラ周辺にすき間がかなりありますね。全体的に穴あけ加工は余裕をもってされている感じです。

ドットパターンがある
ドットパターンがある

USBケーブルやスピーカーの穴も問題なし。

USBケーブルやスピーカーの穴は問題なし
USBケーブルやスピーカーの穴は問題なし

電源、音量ボタンは完全に覆うタイプですので濡れた手でも少し触れますね。Pixel 4aは防水ではありませんが、このケースをつけることで防水…は言い過ぎとは思いますがちょっとした防滴にもなります。

スイッチ類は完全に覆うタイプ
スイッチ類は完全に覆うタイプ

持ってみた!

ああ、適度にグリップ感があって持ちやすくなったかな。ちなみにPixel 4aの壁紙はこんな犬の鼻がパンチホールになっていたりして、力が抜けてカワイイ。iPhoneや他のスマホにはない魅力でGoogleワールド全開。

持ちやすい
持ちやすい

指紋認証へのアクセスも問題なし。開口部が一回り大きいので良いです。

指紋認証も問題なし
指紋認証も問題なし

ケースの重さは?

そして透明ケースなので軽いんですよね。計ってみるとなんと15グラム。本体が小さいからケースも軽くなるんですね。

15グラム
15グラム

なのでケースをつけても157グラムなので超軽量!

ケースをつけても157グラム
ケースをつけても157グラム

いつもはここで終わりなのですが…。

次にカメラ保護フィルム!

カメラガラス部分の油分をふき取るウエットティッシュみたいなWipesとカメラ保護フィルムです。

カメラフィルム
カメラ保護フィルム

このカメラ保護フィルムですけどプラスチックの半透明の白い台にカメラ保護フィルムが軽くくっついてあるだけです。

カメラフィルム
カメラフィルム

まずWipesの緑のウェットを使ってカメラの正方形のガラスパネル部分を拭いて油分や汚れを浮かせ、ピンクのドライで浮いたアルコールをふき取ります。

Wipesをつかってふき取る
Wipesをつかってふき取る

そして台紙からカメラ保護フィルムを剥がして取り出してくっつけるだけです。でも1枚目は台紙から剥がした瞬間にピョンと勢いよく飛び出して床に落ちていきました…。それで3枚あっても1枚は失敗すると思っていいですね。

カメラフィルムを取り出す
カメラ保護フィルムを取り出す

でも剥がしてしまえば、穴あけ加工されている部分とスマホ本体のフラッシュの部分に位置合わせをしてそっと置いてくっつければOK!簡単にできます。できた!デザイン的にも違和感ないですよね。

カメラフィルム装着
カメラフィルム装着

ということで厳密にいえばカメラのレンズ部分にガラスがさらに1枚載っかることになるんですけど、カメラ撮影時の画質的に影響があるかといえば、私としては違いはわかりません。

画質は変わらない
画質は変わらない

以前のスマホでカメラのレンズに傷がついたために写真がすべてボケるようになってしまったということがあってから、基本的にはレンズにもガラスを貼るようにしています。

まとめ

Pixel 4aは軽量コンパクトなので積極的に持ち出したくなるスマホ。カバンからサッと出す時にやはり傷はつけたくないですよね。

このケース&カメラ保護フィルムでフル武装なのでその心配はなくなります。

あ…まだ前面のディスプレイ保護が残っていましたね。今度レビューしたいと思います。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

Google Pixel 4aレビュー!実際に購入して最初に思ったこと。気になったのは…。

Pocket

こんにちはっ!

Google Pixel 4aを予約して購入しました!

いろいろ考えて購入に至ったのですがその点はこちらの記事に書いています。

そして意外なこともありましたが無事届きました。

ではこれから、借用レビューではなく実際に購入した本音レビューをお届けします。

外箱を開けると…。

まずダンボールの外箱を開けるとこんなものが入っていました。アンケートが入っていて2020年9月30日までですがアンケートに回答した中から抽選で100名にGoogleオリジナルグッズが手に入るようですので、このグッズが気になるようでしたら早めに購入したほうがいいですよ。スマホ本体はこの通りビニール袋に入っています。

アンケートも入っている
アンケートも入っている

外箱はこの通りです。

Google Pixel 4aの外箱
Google Pixel 4aの外箱

シンプルにGoogleのロゴ。Googleのプロダクトってあまりないので新鮮ですね。

Google製品
Google製品

Google Pixel 4a 5.8インチ 128G。日本版です。スマホ自体はベトナムでの製造、アクセサリー類は中国製です。

箱の横
箱の横

箱を開ける

うむ。噂では聞いていたので、こんなもんかなという感じ。

箱を開けてみる
箱を開けてみる

付属品はこれだけ入っています。書類一式、USB TypeCケーブル、電源アダプター、クイックスイッチアダプターです。

付属品一式
付属品一式

クイックスイッチアダプター??って他のスマホには入っていないパーツなのですが、青色のスタートガイドにその点は書いてあります。つまり古いスマホのケーブルとこのクイックスイッチアダプターをつないでからPixel 4aに接続すれば簡単にデータを移行できるのです。

クイックスイッチアダプターの使い方
クイックスイッチアダプターの使い方

このアダプターを使えば古いスマホからのデータ移行ができる…という漠然とした言い方ですが、このガイドの「以前のスマートフォン」の形状がどう見てもiPhoneです。これはAppleに対するライバル心に燃えるGoogleのスマホなんだということが伝わってきます。

iPhoneからの移行を狙っている
iPhoneからの移行を狙っている

青色のガイドについて先に説明してしまいましたが書類関連は次のようにSIMピンと安全に関する基本情報とガイドになります。

書類一式
書類一式

充電アダプターやケーブルのクオリティーも悪くないです。白と言っても若干グレーがかっていて、無印良品的なシンプルを極めた感じ。

付属品のクオリティーは悪くない
付属品のクオリティーは悪くない

充電器の出力は5V3A、9V2Aとの記載があります。

出力は5V3A、9V2A
出力は5V3A、9V2A

さて本体

本体外観
本体外観

下が音量ボタン、上が電源ボタンでミントグリーン色です。ボタン類がかなり下に付いています。電源ボタンでさえiPhone SE2と比較しても下に位置していますので手の小さい人にも向いています。

あと電源ボタンのミントグリーンはカラーコディネートとしてどうかなと思ったのですが、意外にあっていて、Pixelを所有しているという感覚が視覚的に伝わってきます。悪くないです。

ボタンがかなり下についている
ボタンがかなり下についている

背面を見てみましょう

安っぽいかと言われれば安っぽいですね。指紋認証部分だって例えばHUAWEIだったら周囲にメッキリングつけたりしてましたけど加飾が何もない。よく言えば素の状態で無垢。

安っぽいと言えば安っぽい
安っぽいと言えば安っぽい

例えばコスパ最強スマホのRedmi Note 9SはPixel 4aの約半額なににこんなに艶っぽくて高級感にあふれますので、Pixel 4aは真逆の路線でシンプル。

Xiaomi Redmi Note 10Sと比較すると安っぽい
Xiaomi Redmi Note 10Sと比較すると安っぽい

ただカメラ周辺部分の正方形のガラスパネルとGoogleであることを示すシンプルなGロゴと電源ボタンのミントグリーンが適度なアクセントとなり、安っぽいという一言で表現するのとはちょっと違って、飾らないスマホという感じで悪くないと思います。GoogleらしいシリコンバレーのTシャツやジーンズの延長線上にあるスマホと思いました。シリコンバレーに行ったことないけどね。

安っぽいというか飾らない
安っぽいというか飾らない

電源をつけて持ってみた

ああっ。これはいい。

持った感じがとてもいい
持った感じがとてもいい

持てばすぐわかる。コンパクトでとても軽い。相性がいいってこういうことで、頭で納得させるものではない、ということがPixel 4aを持って気づいた。iPhone SE2よりも軽く感じますし、iPhone SE2と違ってコンパクトなのに最大限ディスプレイが大きい。これは他のスマホにはない魅力で決定的。

以前iPhone SE2についてはこんな記事を書いた通りで、画面の小ささは致命的。

大枚はたいて買ったiPhone SE2だしiPhoneだから良いはずだと何度も念じましたが、やっぱりこのディスプレイはダメだと思っていました。そこにPixel 4aが登場したので求めていたものがまさに満たされたという爽快な気分です。

先ほどiPhone SE2より下にボタンが配置されていると書きました。Pixel 4aを初めて持ってみるとボタンの位置が右手で持つと親指が電源ボタンに当たります。日本人のように手の小さい人を完全に意識、というか意識しずぎなぐらい下についていて、電源ボタンの位置は良いとしても音量ボタンは下過ぎてむしろ操作しにくいぐらいに感じました。でもこれは私が普段大きいスマホを使っていたためでこんなポジションになるのですが、小さいスマホなのでもう少し下に持てばいいことに気づきます。そうすれば片手の親指だけで画面の下に届きます。なので親指が電源ボタンと音量ボタンの間に位置するぐらいがベストなのかなと思っています。

あとボタン類は押した感触がカチッカチッと確かな手ごたえがあり過ぎて好みが分かれると思います。カチッという物理的な音が他のスマホよりも大き目なので静かなオフィスとかだったら少し聞こえるかもしれません。まあ電源ボタン押さずともディスプレイをノックすれば画面は表示されるので問題ないとは思います。

ちなみにXiaomi Redmi Note 9Sとの比較。価格的に比べるものではないけど、Pixel 4aは有機ELなのでキレイです。Note 9Sは安いスマホにありがちな白が青っぽいですが、Pixel 4aは白がキレイ。なのでNote 9Sがコスパ最強とは言え、Pixel 4aは4万円の価値は確かにあるよねと感じると思います。

Xiaomi Redmi Note 10SとPixel 4a
Xiaomi Redmi Note 10SとPixel 4a

でもパンチホールの大きさはRedmi Note 9Sのほうが小さいですしベゼル(周囲の黒い部分)は狭い。このあたりは中国勢のスマホの方が強いです。なのでPixel 4aのパンチホールは気になると言えば気になるので少し大きいことは覚悟しておいてください。ブラウジングしていて常に黒いお月様が出ている感じです。

パンチホールはNote 9Sのほうが小さい
パンチホールはNote 9Sのほうが小さい

でも私はギリギリ許容範囲ですね。しかもRedmi Note 9Sは安いスマホにありがちでパンチホール周辺が多少にじみが感じらますが、Pixel 4aはパンチホール周辺も黒がクッキリしており、まさにパンチで穴を開けた感じなのでPixel 4aのほうがクオリティーの高さを感じます。

パンチホールのサイズ小さいわけではない
パンチホールのサイズ小さいわけではない

あとPINナンバーでのロック解除の触感はiPhoneに少し似ている?数字をタッチしたときのかすかな振動が似ているような…でもないか…おそらくiPhone SE2とサイズ感がかなり近いのでそう感じるのだろう思います。サイズ感の良さが操作感の良さにもつながることがわかるスマホですね。

触った感触が良い
触った感触が良い

ホームに戻る時のスワイプアップするジェスチャー操作とかもかなりiPhoneみたいに動作がヌメッとした感じが出ていて滑らかです。でもiPhoneをほどではありません。このあたりはPixel 4aだからということではなくAndroid 10の恩恵とは思いますが、PixelはグーグルのスマホなのでAndroid 10を最大限生かしているはず。

スワイプアップでホームに戻る
スワイプアップでホームに戻る

指紋認証がちょっと…。

背面が指紋認証
背面が指紋認証

指紋認証が背面は残念なところですね。背面ってケースに穴が空いてカッコ悪いし、人差し指は普段はスマホの側面にあるのでそれをいちいち背面に移動させて指を伸ばすので導線が悪いです。ここはiPhone SE2の前面にあるほうがマシだと思いますし、Remi Note 9Sの側面も使いやすい。

マスクをつけてるので便利とかいう評判もあるみたいだけど、指紋認証は便利だとしても背面にするのはダメですね。ここは単にコスト的に安い背面の指紋認証にしたというのが正直なところだと思う。

せめて顔認証があればと思うんだけど、セキュリティをまともに確保するためにはフロントカメラを高機能にしなければならないのでできなかったのではないかと思います。コストの兼ね合いもあるのでここは安易に顔認証にしなかったのはやむを得ないとは思う。

なので個人的にはPixel 4a使うんだったらPINでもいいかなと思った。

まとめ

Pixel 4a期待はしていたけど、手に触れた感触としては期待通りというか期待以上のスマホでした。

Pixel 4aなかなかいい
Pixel 4aなかなかいい

コンパクトなスマホを探していてiPhone SE2も気になっていた人にはかなり刺さるスマホです。よほどのiPhone好きでなければ文句なくPixel 4aになるでしょうね。

動作的にはAndroidのシュバッとしたきびきび感ではあるものの、ホームに戻ったりアプリを起動したりする動作はiPhoneっぽい滑り感も多少含まれていますので好印象です。

ディスプレイのクッキリした表示や操作感が高品質なので背面のポリカーボネート素材は意外に気になりませんでしたし、軽量に貢献しているのでむしろ良いと思います。

そして何よりもGoogleのスマホであるというブランド力は高く、持って嬉しいスマホではある。

使っていけばさらに細かな欠点は見えてくるとは思うけど、ファーストインプレッションとしては大きな欠点が見られませんでした。借用レビューじゃないのに欠点を言えないのは悔しい限りです。

あえて言うならパンチホールの大きさは多少気になるのと、今さら背面の指紋認証は不便。でもコスパ感を出すためにギリギリまで切り詰めて何かをカットするしかないと思うのでこの価格帯としてはベストだと思う。

あとはカメラ性能ですね。これは少し撮影してみないとわかりません。今度レポートしたいと思います。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

Google Pixel 4a予約購入して結局手元に届いたのはいつ?ちょっと驚いた。

Pocket

こんにちはっ。

前回、こんな記事を書いてしまったのでご報告しなければなりません。

予約開始日の8/14に予約してホクホクしたのに、配達予定日がなんと9/1~2日となってがっかり。これは気長に待つしかないと思ってPixel 4aのことは忘れて日常生活へ戻った。

そこへ8月20日にGoogleからメールが届く。

タイトルは「Google ストアでご注文いただいた商品を発送いたしました」

ええ??9/1に配達予定のはずなのに…もう…?

まあ発売日は20日だから普通ではあるのだけど私が心の準備ができなかっただけだ。しかも午前2時の真夜中のメールですごい時間に送ってきた。落ち着け…これはUSの時間に変換すれば前日のお昼の12時のことなので、発売日前日のお昼休みの時間帯に発送したというメールを送って気が利くところをアピールしたかったのだろう。日本にとっては真夜中のメールで迷惑極まりないけど、思いがけない発送通知だったので嬉しかった。

でもそのメールをよく見ると発送したのに配達日は9/1~2で変わらない。えっとそんなに届くの遅いんですかね?まさか海外から送るの??

もう発送した...だと?
もう発送した…だと?

まあいいやと思ったら…。

もう自宅に届いた!

届いたのは8月21日です….。えっとめっちゃ早いんですけど。

そしてGoogle Storeの注文履歴で状況を見ると、9/1~2だったのが8/24~25日に変わってる!というか既に受け取ってるので今更遅い。

配達予定日が変わってるけど...えっと
配達予定日が変わってるけど…えっと

そして届いた箱の送り状を見ると8月17日に処理、つまり発売日前に処理がされたことがわかる。送り主は東京のGoogleでした。

8月17日に発送??
8月17日に発送??

しかもこんなシールが…。スマホはバッテリーがあるので実は危険物になり空輸できないことがあるのです。陸送なので時間がかかるわけだ。ちなみにこのシールは受取人が受け取るまでに剥がすものらしいですが見逃してあげてください…といいつつ写真を掲載する。

空輸禁止
空輸禁止

まとめ

8月14日に予約したのに配達日が9月1日~2日なんてGoogleどうなってんの??と熱くなりましたが、実は8月17日ごろに発送処理を開始し、ほぼ発売日には受け取れるように手配していたということになります。

Googleっていい加減に思えるようなところもありますけど、予約してよかったかなと思いました。

では次にPixel 4aのファーストインプレッションです。こちらの記事をご覧ください。

それではまた!!

スポンサーリンク
Pocket

Google Pixel 4aいろいろ比較して予約したけど…配達日があれ??

Pocket

こんにちはっ!

Pixel 4aを予約しました!

これは久々に血が騒ぐスマホです。

まさかGoogleがこのようなスマホを登場させるとは思っていなかったけど、落ち着いて考えてみれば今のスマホメーカーを考えればGoogleにしかできないことだとも思いました。

購入しようとした理由

このコンパクトさと性能と価格のバランスが素晴らしいです。原点回帰をしつつも最新のテクノロジーで蘇らせたようなスマホ。スペック自体は最高ではないけど、妙に力が抜けたスマホです。そのあたりもグーグルらしいです。

まずコンパクトさは、最近の発売されてきたスマホと比較すると明らかです。

yourfones.netを使って最近のスマホを画面サイズで比較してみましょう。最近発売されたAndroidスマホで唯一コンパクトだった富士通製のarrows Be4とほぼ同じサイズ・重さですが、スペックが段違いにPixel 4aのほうが良く、Antutuスコアで言えば3倍以上違う。こんな感じでこれまでコンパクトなAndroidスマホってどうでもいい感じの低スペックだったり、超軽量141グラムのSHARP製AQUOS sero2は力み過ぎて10万円近くしたり、買いたくなるようなスマホがなかった。それで今回、ミドルクラスで比較的手が届きやすい価格で長く使えそうなコンパクトなスマホがPixel 4a。

Pixel 4a はコンパクト!
Pixel 4a はコンパクト!

さらに最近人気のスマホとして、iPhone SE(第二世代)、OPPO Reno3 A、Redmi Note 9Sが上げられると思います。これらのiPhone SE(第二世代)、OPPO Reno3 A、Redmi Note 9Sをyourfones.netで比較してみましょう。

一番左がPixel 4aでやっぱりコンパクト!
一番左がPixel 4aでやっぱりコンパクト!

この通り、コンパクトさで言うとiPhone SE(第二世代)はさらにコンパクトですが、でも画面領域が全然違います。iPhone SE(第二世代)も実際に持っていますが画面が小さすぎるのがiPhone SEの唯一の欠点でありこの欠点が致命的。iPhone SE(第二世代の)の気になるところはこちらの記事に書いています。

その欠点が見事に改善されたのがPixel 4aだと思いました。ここが一番強く魅かれた点。

次にOPPO Reno3 Aはおサイフ・防水・有機EL・画面内指紋認証といった多くの機能満載ですがやはり消去法で選ばれるスマホで積極的に選びたいという気持ちになれない。そこにおサイフ対応のPixel 4aは価格的にも近いのでかなり強敵が表れたことになります。日本ではコンパクトなスマホが好まれますので防水に魅力を感じなければ、というか私のように防水をあきらめてでもコンパクトさを優先する人も多いと思います。実際、OPPO Reno3 AはPixel 4a登場のニュースと同時にじりじり価格を下げています。

そしてXiaomiのRedmi Note 9S。このスマホの価格はPixel 4aの約半額なのにAntutuスコアとしては大差ないのでコスパ的にはRedmi Note 9Sは相当強いし、実際にバカ売れしている。

私はこのRedmi Note 9Sを実際に手に取って使った時、もうこのスマホで十分、デカいけどこのクオリティーで圧倒的な安さならコンパクトは諦めてもいいとさえ思いました。Redmi Note 9Sのレビューはこちらに書いています。

このRedmi Note 9Sの登場でスマホの一つの時代が終わった…というか次章の始まりぐらいにさえ感じました。これからは大きいスマホを持つことでコスパの良さを求めるしかないんだと…。でも少し寂しい感じはしていました。

そこへPixel 4aの登場です。

コンパクトだけでなく、シングルカメラだけど同じようなiPhoneのシングルカメラ搭載iPhone SE(第二世代)やiPhone XRみたいに人物じゃないとボケてくれない、みたいなこともなく物体でも背景をぼかしてくれてPixel 4aは賢い。私は、というか誰でもそうだけど、物体も撮影するので嬉しい。ここに魅力を感じました。

Googleはソフトウェアに強いのでハードに頼るのではなくシングルカメラでここまでソフトウェアで実現できるという道を極めて欲しい。それが他社にできない強みじゃないかなと思う。

それで現段階としてどれぐらいかな、という興味があり購入したくなりました。でもそれほどキレイな写真にはならないだろうなとは冷静に考えています。それでもコンパクトでフルビューディスプレイなので価値は十分ある。

シングルでどこまで頑張れるか魅力
シングルでどこまで頑張れるか魅力

あと、個人的にはPixelは使ったことがなかったのでGoogleの純正Androidスマホ的な存在は一度使って見たかったという気持ちもある。語弊はあるかもしれないけど、ホンモノのAndroidスマホを一度使いたかった。

2020年8月14日から予約開始!

ということで迷うことなく14日に予約しました。ウェイトリストに登録していたので12:30に予約開始のメールが届いた。このメール通知の時間帯も仕事のお昼休みで食事が終わって一休みしているベストなタイミングを狙ったような感じで、なかなか考えられているなと思いました。ああでも、世間ではお盆休みだったりするのかな。

わたしはいろいろあって21時ごろに予約したんですけど、すると配送日が…。

Pixel 4aの配送日が...
Pixel 4aの配送日が…

はぁ?配達予定日が9月1日~2日!?

予約初日に申し込んでもう9月にずれ込むのか…。発売日って8月20日ですよね?10日以上遅くなるようです。予約しなくても9月には買えるんじゃないの??予約した意味はあったのかな???人気なのか、それとも需要の見込みが少なかったのかわかりませんが、思ったよりもかなり遅いですね。Googleってあまり売る気ないのかな??

予約した皆さんはどれぐらいで届くのでしょうか。ちなみに8月18日の21時時点でも配達予定日には変化ありませんので、在庫問題が解消されたという情報もあるようですが、私の注文には反映されていません。

それにしても最近、中国勢のスマホに押され気味で一つの物差しで淡々と機能やコスパ感が追及され倦怠期に入りつつありましたが、久々に新しい風が吹いたような感じで熱くさせられました。

さて、ケースでも選んでおきましょう。次の記事でPixel 4aのケース選びについてまとめています。

またPixel 4aを実際に購入したレビューはこちらに書いています。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

OPPO A5 2020の人気でおすすめのケースはどれがいい?

Pocket

こんにちは!

2万円程度で安く買えるけどCPUはほどほどのSnapdragon  665を搭載してるし、カメラは広角119°も楽しめるし、使用しているガラスはブランドの強化ガラス ゴリラガラス3を使っているので安くてもほどほどのバランス感があるA5 2020。この価格ならそんなに悪くないと思ったのではないでしょうか。

このスマホはケースも付属していますが、安く買えた分せっかくなので自分好みのケースで自分らしさを楽しんでみませんか?雰囲気ががらっと変わりますよ。

予算は数百円の格安から三千円台ぐらいまでで選んでみました。なお、購入する前には必ずOPPO A5 2020用であることを確認しましょう。あれこれケースを選んでいる間に他のスマホ用になっていることがありますのでご注意。

では見ていきましょう!

透明ケース

透明ケースのメリットは安い・本体デザインが損なわれない・軽量であることで人気です。欠点としては時間が経てば黄ばんでくることや、小さなドットパターン加工が入っているために完全には透明ではないので期待外れになることがあります。この点を理解したうえで購入するときっと満足いくと思います。

透明ケースには素材が三種類あり柔らかいTPUと固いポリカーボネート、そして透明度の高いガラス製の3種類があります。ガラス製は重くなるのでそんなに普及はしていません。

例えばこちらは2020年8月時点では300円程度で購入できる。こちらはTPU製です。

Oppo A5 2020, Oppo A9 2020 透明 ソフト TPU ケース

次のケースはポリカーボネート製。こちらも安いですが、送料が若干かかりますので送料との合計金額で確認しましょうね。

OPPO A5 2020 専用 ポリカーボネイト製 (PC) 無地 スマホケース スマホカバー クリア 【 透明 】 オッポ エー ファイブ

こちらのSHINEZONEは安いケースでメジャーですね。ケースとして特別優れているわけではないけど、送料が無料であることが多いので単品で買いやすい。

Oppo A5 2020 ケース SHINEZONE Oppo A5 2020ソフトカバー 透明 TPU 耐衝撃 落下防止 防指紋 全面保護カバー(Oppo A5 2020ケース クリア)

次は四隅にエアクッションがついた衝撃から多少は守られるケース。少しゴツゴツしますがケースをつけるからには保護力を強化したいと考えるならこんなタイプがいいですね。ストラップホールもついています。

Youriad Oppo a5 2020 ケース カバー | 透明 クリア ソフト カバー| 特徴 耐衝撃 軽量 薄型 ストラップ 滑り止め 落下防止 TPU(Oppo a5 2020 カバー 専用)

透明だけだと少し物足りないならフレーム部分がカラーのメッキになっているタイプがあります。ゴールド、シルバー、ピンクの3色。素材はTPUです。

PLATA OPPO A5 2020 UQmobile 楽天モバイル バンパー メタリック クリア オッポ 軽量軽薄 スマホケース しなやかさと 耐久性 のある 薄型 スリム TPU スマホカバー 商標登録 マイクロドット で グレア現象回避 シンプル 無地 透明 ストラップホール 付き 【 ピンク 】

フレームにも色がついて、さらに背面を透明ではなく半透明になったケースがこちら。他の透明ケースは本体との吸着防止のためドットパターン加工が入りますので透明とは言え白っぽくなりますので、半透明のほうがむしろ良いという考え方もあります。またこのケースは1.2mmの薄さで20グラムなので軽量で、サイド部分は素の本体を触れるのでケースなしの感覚も楽しめるようになっています。

oppo A5 2020 ケース マット加工 薄型 軽量 レンズ保護 指紋防止 黄ばみなし 半透明 ワイヤレス充電対応 ストラップホール付き(マット ブラック)

シンプルなケース

A5 2020の本体カラーはグリーンとブルーだけなのでシンプルなブラックにしたいならこんなケース。

YEZHU OPPO A5 2020 / OPPO A9 2020 ケースフルスクラブカバー高品質 TPU 保護バンパー 弾力性付き落下防止 衝撃吸収 防指紋 OPPO A5 2020ケース(ブラック)

こちらは定番の炭素繊維カバー。衝撃にも放熱にも考えられた設計です。

OPPO A5 2020 ケース【MARR】 スマホケース 炭素繊維カバー TPU シリコン ケース 保護バンパー 弾力性付きOPPO A5 2020/A9 2020用 耐衝撃(ブラック)

守ってくれそうなケース

もっと守ってくれそうなケースはこちら。

A5  2020は女性でも使える流線形のデザインですが、このケースを着けるとハードで男性的な雰囲気に変わります。グリップ感も増し気軽に扱えるスマホに様変わり。

Newzerol For OPPO A5 2020 ケース 強化アクリル素材 TPU枠 耐衝撃 傷防止 背面クリア レンズ保護 全面保護カバー (ブラック)

もっとワイルドなアーマー系デザイン。しかしデザインだけでなくTPUとポリカーボネートの二層構造からなるハイブリッドで衝撃にも強いケース。またリンクがついていてスタンドにもなり便利。

oppo A5 2020 ケース 対応 カバー レンズ保護 リングキックスタンドケース リング回転可能 耐衝撃 滑り落ちにくい 落下防止 一体型 PC & TPU素材 (oppo A5 2020, レッド)

スタンダードな手帳型ケース

スタンダードな手帳型ケース。手帳型はディスプレイ保護にもなるし、収納もたっぷりだし、折り曲げるとスタンドにもなるので至れり尽くせりで人気があります。ただ少し重くなるのが欠点。

こちらはオーソドックスな手帳型ケース。たいていこのように受話スピーカー部分に穴が空いているため通話中はフタを閉じて使えるようになっています。カードは縦に3枚、内側に大きなポケットもついています。カラーはこの写真のライトブラウンの他に、ダークブラウン、ピンク、ブラック、ブルー、レッドの計6色。お手ごろ価格なのでお気に入りのカラーを見つけよう。

OPPO A5 2020 A11X A9 2020 ケース 手帳型 OPPO A5 2020 A11X A9 2020 財布型 カバー カード収納 スタンド機能 高級PUレザー 耐衝撃 ケース 手帳 OPPO A5 2020 A11X A9 2020 全面保護カバー (OPPO A5 2020 A11X, ライトブラウン)

こちらはさらにストラップホールがついているタイプ。またカードが3枚縦に収納できますが先ほどのケースと比較すると小窓がありません。このように手帳型といっても細かい違いがありますのでよく比較して購入しましょう。

Miimall OPPO A5 2020 手帳型レザーケース OPPO A5 2020 カバー 財布型 人気 上品 スタンド機能 マグネット開閉 ベルド PUレザー カード入れ ビジネス グーグル OPPO A5 2020 バンパー(ブラウン)

さらにハンドストラップとネックストラップ付きのケースがこちら。手帳型はポケットに入れるとゴツゴツするのでネックストラップでぶら下げるのも良いかもしれません。カード類は縦方向には3枚ではなく2枚ですがフリーポケットが奥にあります。

OPPO A5 2020 ケース 手帳型 ケース [ ストラップ 2種付 ] wisers オッポ スマートフォン スマホケース ハンドストラップ ネックストラップ カードホルダー [2019 年 新型] ブラック

スリムな手帳型ケース

手帳型はかさばるのでできるだけ薄くしたい人にスリムな手帳型ケース。欠点は収納が少なくなります。

まずスリム手帳型として定番のこちらのケース。ベルトも最小限になっていることや、ポケットもカード類が縦に二枚しか挿すことができませんので収納は少ないですがその分厚みは抑えています。さらにフレーム部分が透明になっているために本体カラーをチラ見せすることもできます。カラーはこの写真のローズゴールドの他に、ブラックとネイビーがあります。

【上質な手触り】 OPPO A5 2020 シンプル 手帳型 レザーケース 手帳ケース 無地 高級 PU サラサラ生地 全面保護 耐衝撃 UQmobile 楽天モバイル オッポ エーファイブ スマホケース スマホカバー ローズゴールド

こちらはさらにベルト部分がないためスッキリしています。カードは1枚しか収納できませんが横方向に入れるタイプなので落とす心配がありません。カラーはピンク、ネイビー、エバーグリーン、グレー、ゴールド、レッドの6色です。

LOOF SKIN Slim OPPO A5 2020 ケース 手帳型 カバー 極薄 ベルト無し カード収納 カードポケット 薄い 軽い スタンド機能 手帳型ケース スマホケース シンプル 手帳型カバー (グレー)

本革ケース

本革は高いイメージがありますがA5 2020を購入する人にとっては価格に敏感だと思いますので、安い本革のケースを選んでみました。本当に本革かどうかは当方では責任は負いかねますのでご不安でしたら直接ショップにお問い合わせください。

こちらは本革らしい雰囲気のあるダークブラウンのケース。カードも縦に3枚、内ポケットもあり、ベルトがないスッキリしたデザイン。カラーは他にもブラック、ライトブラウン、レッドの4色。

【Eastwave】Oppo A5 2020ケース 手帳型 OppoA5 2020 カバー PUレザーケースカバー 財布型カバー 収納ポケット 高級牛革製品 ポケット収納付き 横置きスタンド機能 高級感 落ち着くデザイン オシャレ4色 ダークブラウン

こちらも本革ですがダークグレーというちょっと渋い色合い。他にダークグリーン、ブラック、ブルー、レッドの5色。ベルトがなくシンプルで、カード類は縦に3枚、奥に大きなポケットがあるという定番のデザインとなっています。

OPPO Reno A 用 Reno A カバー 手帳型 OPPO Reno A 手帳型 ケース OPPO Reno A 財布型 OPPO Reno A 携帯カバー OPPO Reno A 本革 カバー 高級牛革【本革】 内蔵マグネット 二つ折り 携帯カバー カカード入れ スタンド機能 落下防止 レンズ保護 落ち着いた色 古風 軽量 便利【選択可能な5色】 - グレー

少し値段は上がりますが、本革に天然木を加えたユニークなケース。天然木のため同じデザインは存在せず自分専用のオリジナルケースとなります。木の種類はこちらの「桜」の他に「竹」「胡桃」「花梨」の4種類で自然な風合いを楽しめる。収納はカード1枚のみ。

LOOF Nature OPPO A5 2020ケース 手帳型 カバー 本革 天然木 ベルト無し ウッド 木製 木 カード収納 カードポケット 本革 高級 スタンド機能 手帳型ケース スマホケース (桜)

レトロなケース

OPPOのスマホは煌びやかなカラーリングが多いのですが、少しホッとさせるようなケースにしたいならこんなレトロなケースはいかがでしょうか。

大き目のレトロなボタンがアクセントとなっています。このグリーンの他にブラック、レッド、ブルー、ブラウンの5色あり、どれもレトロな風合いです。カード類は縦に3枚、インナーポケットでお札も入ります。ストラップホールもあります。

OPPO A5 2020 ケース 手帳型 / A9 2020 ケース 【 高級PUレザー 財布型 マグネット スタンド機能付き ノート型 耐衝撃 おしゃれ 人気 薄型 軽量 衝撃吸収 全面保護 スリム 】 (oppo A5 2020, green)

こちらは二つの角にレトロなボタンが配置されたケース。ダークブラウンとレッドもありどちらも古書のような雰囲気があります。

TRkin OPPO A5 2020/A9 2020/A11 A11X ケース 手帳型 カバー OPPO A5 2020/A9 2020/A11 A11X カバースマホケース レザー 人気 シンプル 手帳型カバー 財布型 耐衝撃 軽量 スタンド横置機能 スマホケース 携帯ケース (OPPO A5 2020/A9 2020/A11 A11X, ブラック)

 

こちらはムラ染めのくすみ感ある色合いのケースですが、さらに収納たっぷりのケース。外側にもケースを収納できます。ただし外側のポケットは落としやすいので注意。カラーはピンク、ブラック、ブルー、レッドの5色。

OPPO A5 2020(A9 2020/A11/A11X) 手帳型 財布型 カード収納 スタンド機能 サイドマグネット 専用カバー TPUケース 軽量 ストラップホール 収納力抜群 QI充電対応 横置き機能 レザーケース ソフトシリコン マホケース 防指紋 レンズ保護 全面保護(30,ブラウン)

おしゃれなケース

A5 2020は本体が安いのでその分ケースにお金をかけてもいいと思います。

例えばA5 2020は白の本体カラーがなくて残念ですが、こんなケースでホワイトにすることができる。側面はコバ塗り加工が施されているのもおしゃれ。カラーは写真のミルクの他に、アセロラ、ピーチ、セサミ、ソーダ、ストロベリーミルクなど多数ありますので自分好みのカラーを見つけよう。

OPPO A5 2020 ケース 手帳型 アイスクリームカラー レザー 調 (カラー ミルク) カバー スマホケース 手帳ケース 手帳カバー スマホ SIMフリー スマートフォン

カジュアルなデニムデザインのケース。気軽に付き合えるスマホに早変わり。

【 Viesa 】 新型モデル デニム デザイン ケース 手帳型 UQ mobile OPPO A5 2020 / A9 2020 / A11 A11X 対応 OPPO 手帳ケース ( ブラック ) 全面保護 ベストデニム材料 カード収納ポケット 横置きスタンド機能 スマホケース a9 2020 / a11 a11x / a5 2020 ocn モバイル / uqモバイル oppo a52020 BLACK

エレガントでメリハリのあるトリコロールカラー。ストラップではなくケースと同色のチャーム付きでワンランクアップ。内側にはミラーもついていますのでスマホを見るふりをしてさりげなく身だしなみをチェックできる。カラーはこの写真のルージュの他に、マカロンモーブ、ソレイユ、モカネイビー、クラシカル、シャーベットの6色。それも個性的な配色で一見の価値あり。

Elegante Tricolor 【OPPO A5 2020】 ケース 手帳型 【04.ルージュ】 カード収納 ミラー付き チャーム付き マグネット内蔵 全6色

ファッション好きにはたまらないハリスツイードのケース。これをつければ安いスマホであることを忘れます。

WHITENUTS OPPO A5 ケース 手帳型 ハリスツイード No.12 TC-D0142775/L

さいごに

A5 2020のケースは定番から個性派までバリエーションがあって楽しめますね。

個人的には定番スリムのブラックか。

グレーの本革あたりはなかなか楽しめそうかなと思いました。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

Xiaomi Redmi Note 9Sの人気でおすすめのケースはどれがいい?

Pocket

こんにちはっ!

もう2020年最強コスパスマホとして認定かな。Redmi Note 9S。お手頃価格のスマホを探しているんだったらこのスマホ一択でOK。だって税込みで24,800円ですもの。

このスマホ、コスパが良いと言っても安っぽさは微塵もありません。

特にグレイシャーホワイトの背面の艶やかな色合いは惚れ惚れします。これは大切にしなきゃ。

美しいグレイシャーホワイトのRedmi Note 9S
美しいグレイシャーホワイトのRedmi Note 9S

このスマホは透明ケースが付属しているのでそれを使ってもいいけどせっかくなので自分らしさを出すために自分でケースは選びたいところ。

それでケースを探してみました。このスマホを買っている人は価格にも敏感だと思いますのでケースも1,000円~2,000円程度のものを選んでみました。ケースなんてそれぐらいで十分ですよね。

しかしながら困ったことにRedmi Note 9Sのケースはまだまだ数少なく、コロナの影響で中国からの発送も多く、届くのに1カ月程度かかることもあります。

それで購入前には価格の安さだけに振り回されるのではなく、送料とお届け日までトータルに考える必要があります。当面は付属のクリアケースでしのぐのもいいかもしれませんね。

それでは早速行きましょう!

※ケースに関するご質問やクレームはすべて販売業者に直接連絡をしてください。

透明なクリアケース

一番無難なケースと言えば透明なクリアケース。

この透明なクリアケースのメリットは三つあります。それは安い・軽量・デザインを損なわないこと。

デメリットも三つあります。黄色くなって変色しやすいこと、カードなどの収納ができないこと、ドットパターン加工があるので完全に透明ではなく特にダーク系の本体だと白っぽくなります。

それで付属しているクリアケースもいずれ変色します。

それで安いので変色したら買い替える、つまり使い捨て感覚で買うケースと思えば、収納ができないことさえ受け入れればベストなケースと言えるでしょう。収納が必要なら後で述べる手帳型ケースを選んでください。

さて、とりあえず安い透明ケースというならこちら。TopACEの透明クリアケースは2,000円以上買わなくても送料無料であることが多いし比較的すぐ届くことのでおススメ。ただこのケースに限らずですが送料と配達日は変化するので購入前に確認してくださいね。

Redmi Note 9S ケース TopACE クリア スリム TPU カバー 落下 衝撃 吸収 擦り傷防止 Redmi Note 9S 用 カバー (Redmi Note 9S,クリア)

次にもう少し保護力をアップしたいならこちら。ご覧の通り四隅にエアクッションがあって衝撃を吸収する構造となっているのでいくらかは安心。

Xiaomi Redmi Note 9S/Note 9 Pro/Pro Max ケース [ZXZone] Redmi Note 9S クリア ソフトカバー 透明TPU 薄型 指紋防止 黄変防止 落下防止 安心保護 軽量 全面保護カバー (クリア)

ただの透明はつまらないという人に。上下のフレーム部分とボタン部分、そしてカメラ周辺に色がついているのでアクセントになっています。ただ2020年6月時点では2,000円近くするので高いですね。1,000円程度に値下がれば買ってもいいと思います。

Xiaomi Redmi Note 9S ケース Redmi Note 9 Pro ケース Redmi Note 9S 背面ケース ストラップホール ソフトケースRedmi Note 9S カバー (シルバー)

シンプルなケース

透明ではないけどシンプルなケースです。

メリットはかさばらない、個性を出しやすいことです。それほどメリットは多くないように思いますが、2020年6月時点ではこのタイプのケースがRedmi Note 9Sでは数が多く出ています。

まずは定番の炭素繊維カバー。TPU素材の背面と炭素繊維素材の内側を組み合わせたラギッドケース。持ちやすく、内側四隅のエアクッションデザインにより衝撃を吸収します。いくつもの業者から販売されていますので価格を比較して購入することができます。

NUPO Xiaomi Redmi Note 9S ケース 炭素繊維カバー TPU 保護バンパー 弾力性付き 衝撃吸収 高耐久性 Redmi Note9S 専用カバー (ブラック)

お次も定番の無駄をそぎ落としたシンプルでスリムなケース。ポリカーボネートという固い素材で厚さ0.5mm。マット仕上げで持ちやすくて指紋が付きにくいです。カラーはブラックの他に、青と赤がある。

Redmi Note 9S ケース【LASTE】Redmi Note 9S ケース 軽量 スリム 耐久性 薄型 PC 指紋防止 耐衝撃カ Redmi Note 9S レンズ保護 スマートフォンケース (ブラック)

先ほどのケースは固いポリカーボネート製でしたが、柔らかいTPUシリコン製のカラフルなケースがこちら。カラーバリエーションは豊富でこの写真のマロンレッドの他にサフランイエロー、スモーキーブルーグリーン、メタリックピンクゴールド、メタリックグリーン、マットブラックの全6色で安いし一見の価値あり。

kwmobile 対応: Xiaomi Redmi Note 9S / 9 Pro / 9 Pro Max ケース - TPU ソフト スマホカバー 耐衝撃 滑り止め 保護ケース

少し値段は上がりますが、布地風の背面が心地よいこんなケース。この写真のダークグレーの他にブラック、ブラウン、ブルー、ライトグレー、レッドの全6色。どれもいろんな服装に合わせやすいケースです。

Xiaomi Redmi Note 9S ケース Redmi Note 9 Pro ケース Redmi Note 9S 背面ケース ハードケース Redmi Note 9S カバー (ダークグレー)

そしてスタイリッシュなこんなケース。そして面白いのがカメラ下の部分のパーツが上にスライドさせてカメラカバーになるんですよね。最近のスマホカメラはレンズ数が多いので傷がつかないか心配になります。カメラレンズの保護フィルムも売っているほどですが、このケースはスライドするだけで保護できるのでこれは便利だ。

Xiaomi Redmi Note 9S / Note 9 Pro/Note 9 Pro MAXケーススライドカメラ保護ケース、スリムでスタイリッシュな保護ケース用カバー (For Redmi Note 9S)

そしてこちら。背面にカードが二枚入ります。ただし落としやすいのでクレジットカードや免許証などの大切なものは入れないほうがいいです。むしろデザインを楽しむと思った方がいいでしょう。カラーバリエーションがとても豊富でこのピンクの他にオレンジ、グリーン、グレー、ブラウン、ブラック、ブルー、レッド、ローズの全9色。これだけ豊富なのできっとお気に入りのカラーが見つかりますよ。

Xiaomi Redmi Note 9S ケース Redmi Note 9 Pro ケース Redmi Note 9S 背面ケース カード収納 ハードケース Redmi Note 9S カバー RN9S-CD-20508 (ピンク)

木製のケース

木製ケースにすると一気に雰囲気が変わる。都会的なデザインのRedmi Note 9Sが温もりあるスマホに大変身。天然素材のため木目は画像とは異なりますが、自分オリジナルなスマホになる。

 

kwmobile 木製 保護ケース 対応: Xiaomi Redmi Note 9S / 9 Pro / 9 Pro Max 用 - ハードケース TPU バンパーくるみ こげ茶色

アーマー系ケース

雰囲気を変えるならこんなアーマー系。オレンジ色の部分がTPUという柔らかい素材になっているのでグリップ感があり持ちやすくて衝撃を吸収し、ブラックの部分がポリカーボネートという固い素材でしっかり守るようになっています。スタンドも付いていますので動画を見るときにも便利。

Redmi Note 9S / Note 9 Pro ケース 耐衝撃 滑り落ちにくい 落下防止 一体型 PC & TPU素材 二層保護電話ケースカバー Redmi Note 9 Pro Max (オレンジ)

こちらもアーマー系ですがカラーリングが素晴らしい。例えばこんな派手なレッドはバイクのカラーリングみたいでグッとくる人もいるはず。デザインは若干シンプル。中央は金属なのでマグネットがあればくっつくようになっています。またスタンドもついています。カラーも豊富でこのレッドの他にブルー、ピンク、ホワイト、グリーン、イエロー、コーヒー、ダークブルー、ブラック。どれもソリッドなカラーで潔い雰囲気。

NWOWNK 保護ケース For MI Redmi Note 9Sケース(金属リング付き)、Kickstand 360度回転付き電話ケース(垂直および水平スタンド)、Xiaomi Redmi Note 9S / Note 9 Pro Max 2層耐衝撃カバーケース (Color : Red)

手帳型ケース(スタンダード)

手帳型ケースのメリットは3つあり、フタがディスプレイの保護になる全面保護、カードなど収納ができるのでサイフが不要になる、フタを折り曲げてスタンドになることが挙げられます。

デメリットも3つあり、重くなる、かさばる、本体のデザインを楽しめなること、です。

さて、まずはこんなシンプルな手帳型ケース。上の3つ穴は受話スピーカー用ですので閉じていても通話ができます。ストラップ付で、カードは縦に3枚、奥の大きなポケットもついています。カラーはこのブラウンの他にブラック、レッド、ゴールドもあります。

Hllycr Redmi Note 9S Leather Case with magnetic Flip Kickstand Case with Card Slots Protective Cover for Xiaomi Redmi Note 9S - Brown

次はベルトがないケースです。ベルトがないだけでかなりスッキリしたデザインになりますね。Redmi Note 9Sは縦に長いスマホですのでベルトがないといっそうスリムに見えます。カラーはこのレッドの他に、ダークブラウン、ブラウン、ブラック、ブルーの合計5色。

 

Redmi Note 9S ケース【COKOVI】Xiaomi Redmi Note 9S ケース カードホルダー付き 手帳型 マグネット吸着 小銭収納 (レッド)

こちらも定番のケースで色合いが自然でおすすめ。Redmi Note 9Sのグレイシャーホワイトを選んだ人は白系が好みだと思いますが意外に白系のケースは限られています。でもこのケースにはこんな白っぽいグレーのケースがあります。カラーはこのグレーの他にブラウン、ブラック、コーヒーの4色あり、どれもおすすめできるカラーです。カードは縦に3枚挿せますし奥に大きなポケットがあります。

Redmi Note 9Sケース【SLERRO】クラシックレトロ レザー Redmi Note 9Sケース Redmi Note 9Sカバー 手帳型 札入れフリップ PU革 スタント機能 横開き ビジネス向け(グレー)

デザインを楽しむ手帳型ケース

こちらは若干網目が入ったデザインですがシンプルなので飽きが来ない手帳型ケース。カードは縦に3枚することができますが1枚目は透明ポケットになっていますので見せたいカードを入れることが出来ます。他のケースと同様インナーポケットもあります。

Xiaomi Redmi Note 9S / Redmi Note 9 Pro / Redmi Note 9 Pro Max ケース【MARR】 スマホケース 手帳型 シンプル カバー 手帳型ケース Redmi Note9S / Redmi Note9Pro / Redmi Note9Pro Max 高級PU レザー カバー カードポケット 手作り スタンド機能付き 全面保護 マグネット 吸着 (ブラック)

ベルト部分には大きいボタンを配置した少しレトロ感のあるケース。カードを挿入するスリットが微妙に斜めにカットされているのでカードが取り出しやすい。実用面も配慮されています。カラーはこちらのグリーンの他、ブラウン、ブルー、ブラック、レッドの4色ですがどれもレトロな風合いです。

Xiaomi Redmi Note 9S 電話ケース,WVYMX ウォレットケーススリム、クレジットカードホルダー、ストラップ、キックスタンド、ブックスタイル、PUレザーストラップケース for Xiaomi Redmi Note 9S Green

普通の手帳型のケースに飽きたならこんなケース。フタを開けるときに指で触れる部分に別の色を配色しているツートンカラー。ハンドストラップ付がうれしい。このブラック以外にグレー、ブラウン、ブルー、レッドの5色。カードは縦に二枚挿せますが、奥の大きいポケットはないため収納は少な目ですのでご注意。

IDOKE 対応 Xiaomi Redmi Note 9 Pro Max/Redmi Note 9s ケース 手帳型 耐衝 耐摩擦 カバー 人気 おしゃれ ケース 内蔵マグネット高級PUレザー 保護 ケース カード収納 スタンド機能 ハンドストラップ付き (ブラック)

こちらは女性向けのケース。地味すぎず派手過ぎずだけど特徴的なデザインパターンなので自分らしさを演出できます。カラーはこのブルーだけでなく、パープル、グリーン、シルバー、グレー、ブラック、ピンクの6色。お好みのカラーが見つかるかも??

Abtory Redmi Note 9S ケース, PUレザー磁気フリップカバースタンドカードホルダー&ハンドストラップ財布電話ケースサムスンギャラクシーA11 / M11ストラップ付きパンダ Xiaomi Redmi Note 9S ストラップ付き Blue

こちらも特徴的なデザインが施されたエンボス加工のケース。カードは縦に二枚だけ収納できます。カラーはこのワインレッドの他にパープル、グリーン、ブラウン、ブルーの5色。

Yiizy ケース Xiaomi Redmi Note 9 Pro/Note 9S ケース 手帳型 ラッキーデイジー 蝶柄 花柄 エンボス Note 9 Pro/Note 9S カバー 手帳ケース オシャレ エクスペリア・エックスゼットケース (ワインレッド)

収納たっぷりの手帳型ケース

こちらは超定番の収納の多い手帳型ケース。内側は他のケースと同様、縦に3枚のカードが収納でき内側に大き目のポケットもあります。さらに表側に二枚のカードが挿入できるポケットもあります。ただ表側は落としやすいので大切なカードは入れないようにしてください。レトロな風合いを出すために汚れた感じに見せているのですがそれが中古品みたいに感じる人もいるかもしれません。

Hllycr Redmi Note 9S Leather Case with stand Flip Kickstand Case with Card Slots Protective Cover for Xiaomi Redmi Note 9S - Black

こちらはジッパー付きサイフまでくっつけたというケース。そしてジッパー付きサイフの裏にもカードが3枚、逆側に3枚、そしてフタの裏に3枚の合計9枚。さらに内側の大きなポケットもあるので大量にカードを挿せる…そこまで必要??というぐらい収納と言う点では最強のケース。今まで持ち歩いていたサイフなど不要になりこのケース一つにまとまります。カラーもこのブラウンの他にブラック、ブルー、レッド、ピンクと一通り揃っているので一度試してみるのはいかが?

IDOKE Redmi Note 9 Pro Max ケース Xiaomi Redmi Note 9s ケース 手帳型 レザー カバーマグネット開閉式 多機能 ジッパー財布型 カード収納 スタンド機能 人気 おしゃれ 耐衝撃 全面保護カバー (ブラウン)

さいごに

探してみれば意外にバリエーション豊かなケースが揃っていますね。

個人的には気軽に安いクリアケースを買ってケースが増えるのを待つか。

カメラまで守ってくれるケース本来の役割を十分に発揮したこのケースか。

グレイシャーホワイトの本体に合いそうなシンプルなこのケース。

このあたりがいいかなと思いました。

皆さんはどれが気に入りましたか?

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

これはヤバい…Xiaomi Redmi Note 9S レビュー!グレイシャーホワイトがいいぞ~。

Pocket

こんにちはっ!

これはヤバい…。

最近、スマホ買っても開封レビューをしていなかった自分に気づく。例えばiPhone SE第二世代。心底つまらないスマホだった。

気になったのは色ぐらいだった(笑)

そういえばOPPO Reno Aだって開封レビューしてなかったんだ。開封レビューしたのかどうかさえ忘れていた。

そんな感じでつまらないスマホの閉塞期間がここ数年続いていたように思う。

そこへあのXiaomiが日本に登場だ。HUAWEIが米国の制裁によって勢いを失つつあった2019年12月にこの日本に参入。Xiaomiのしたたかさが見え隠れするがユーザーにとっては朗報だったに違いない。

Xiaomi Mi Note 10という5眼カメラを投入して私も実際に買ったけど使い心地が思ったより良くて結局今のメインスマホとして使っている。XiaomiはHUAWEIの代わりになる、いやそれ以上の魅力を出せるスマホメーカーだと感じています。

そしてRedmi Note9Sだ!

これも驚いた。

RedmiはXiaomiのサブブランドで低価格帯のスマホを扱っている。それで新興国向けだと思っていたのでまさか日本にも投入するとは思っていなかった。

そして詳しい方はご存知だと思うのですがこれ24,800円なんですよ。しかも税込みで。キャリアのサポートとか受けないで自力でこの価格。たくましいよね。amazonでこの価格で普通に売ってる。海外モデルではなく日本正規代理店品でこの価格。

まずこの値付けが素晴らしい。24,800円って言う値段をつけると税抜き価格だったりするんですが。本当に24,800円だけなんです。どストライクゾーンです。Xiaomiは日本のバリューフォーマネーを徹底的に調査したんだろうなと伝わってくる。ユーザーオリエンテッドなところが気に入った。

でも実際にはモノを見てみなければ価値はわかりませんね。では開封してみましょう。

外箱

箱は他社と同様白ベースのスッキリした印象です。

Redmi Note9S
Redmi Note9S

私が購入したのはいつものように日本国内モデルですので安心してご覧ください。技適マークもしっかり記載していますね。24,800円の価格のインパクトを楽しみたかったので4Gモデルにしました。色はいつも悩みますがグレイシャーホワイトにしました。白が好きなんですよね。

外箱の横
外箱の横

箱を開ける

箱を開けるときの感触とかが、きちっとした雰囲気ですでに廉価版スマホという感じがしない。

外箱を開ける
外箱を開ける

特長が記載されていますね。このスマホはSnapdragon 720Gというミドルレンジのプロセッサーを積み、4800万画素の4眼カメラ、6.67インチのパンチホールディスプレイ、5,020mAhバッテリー…スペック的にも十分すぎる。

スナドラ積んでる
スナドラ積んでる

付属品

SIMを開けるピンと説明書とケースが付いてきます。

ケース付き
ケース付き

あと電源アダプターとUSBケーブルです。USBは現在主流のTypeCを搭載しているので、他社のようにmicro USBにしてコストを下げてケチっている感じもありません。出力は5V3Aで大きいのでバッテリー容量が大きくても急速充電が可能。

電源アダプターとUSBケーブル
電源アダプターとUSBケーブル

本体

本体を見てみたいと思います。

グェェ~。これはキレイだ。グレイシャーホワイトなんだけど白ではなくグレーっぽい感じ。Mi Note 10のグレイシャーホワイトはオーロラっぽい感じで好きではなかったのですが、こちらのほうがいいですね。上位スマホのMi Note 10よりいい色合いってどういうこと?

Remi Note9Sグレイシャーホワイト
Remi Note9Sグレイシャーホワイト

ほんと、ちょっと待ってよ。これRedmiという廉価版ブランドなんですよね??Redmiっていうロゴがむしろプレミアムに思えてくるんだけど、どうなってるの??

美しいRedmi
美しいRedmi

クォリティー高すぎ。ガラスの透明感があり奥行がある感じなので陶器っぽい雰囲気。そしてフレーム部分はマットなシルバーをさらに鏡面仕上げのシルバーでサンドイッチした三層構造で凝っています。こんな芸の細かいところが高級感を出すために一役買っている。

Redmi Note 9Sクオリティーは高い
Redmi Note 9Sクオリティーは高い

これ24,800円なんですよね??このコスパ感はHUAWEIを超えたかもしれない。

クオリティー高すぎ
クオリティー高すぎ

4眼カメラのデザインも高級感を感じさせる。

4眼カメラ
4眼カメラ

USBタイプCにモノラルスピーカー。イヤホン端子付き。

スピーカー、USB Type C、イヤホン
スピーカー、USB Type C、イヤホン

そして側面に指紋認証があるので背面に手を入れる必要がないタイプ。側面の指紋認証が電源ボタンにもなっている。あと音量ボタン。とてもシンプルです。

側面の指紋認証
側面の指紋認証

ボタン類もしっかり作っていて安物感はありません。

指紋認証と音量ボタン周辺
指紋認証と音量ボタン周辺

上側は何もありません。

上側
上側

左サイドにはSIMカードスロット。二枚のSIMとmicroSDカードが使えるトリプルスロットで実用的。

SIMカードスロット
SIMカードスロット

電源をつけてみた

Redmiは廉価版というけどOSはXiaomi Mi Note 10となんら変わらないMIUIが搭載されている。パンチホールは思っていたよりも大きくて目立ちますね。

左がXiaomi Mi Note 10で右がRedmi Note9S。このようにノッチを隠すこともできますし、フォントサイズXS、画面サイズXSの極小ができるのも同様。結果として同じような表示ができます。

左がXiaomi Mi Note 10で右がRemi Note9S
左がXiaomi Mi Note 10で右がRemi Note9S

でもノッチを隠したときの角の形状がMi Note 10は丸みを帯びているのに対してNote 9Sは角ばっています。ディスプレイ下側はどちらも丸みを帯びているので個人的にはMi Note 10のほうが均整がとれていて好みです。

ノッチを隠したときの形状が違う
ノッチを隠したときの形状が違う

そして液晶保護フィルムがはってあるんです。これもHUAWEIと同じでいいですね。ただ、そのせいか画面の滑りが悪いです。

液晶保護フィルムが貼ってある
液晶保護フィルムが貼ってある

実際に手で持ってみる

縦に長いです。しかもXiaomi Mi Note 10よりも長いので大きいスマホですね。この写真で分かる通り、ボリュームボタンには指が届きません。ただ最もよく使う指紋認証部分には指が届くので大きな問題ではないと思います。

縦長スマホ
縦長スマホ

なのであえて欠点を言うとすれば、大きいことかもしれません。重さは209グラムですのでコンパクトなスマホに慣れていると大きくて重いと感じると思います。ただ持ったときにはそんなに重くは感じないような形状でフィット感は良いですね。

でもサイズ感はスマホ選びの重要な要素の一つです。そこでyourfones.netを使えば以下のように他のスマホと比較したり、パソコンやタブレットであれば実寸に近いサイズで表示できますので手を置いてサイズ感を確認できます。それで買う前には必ずチェックしておくと、サイズが思ったより大きくて後悔するようなことがなくなりますよ。私は必ずチェックしています。

yourfonesを使ってNote9Sと他のスマホのサイズをチェック
yourfonesを使ってNote9Sと他のスマホのサイズをチェック

でカメラだけど…。

4,800万画素(f/1.79)、800万画素(f/2.2の119°広角)、500万画素(f/2.4の2cmまで近づけるマクロ)、200万画素(深度測定f/2.4)の4眼カメラなんですけどね。

あまりスペックを考えないでまず使ったのですが3眼だと思ったんですよね。

4眼カメラ
4眼カメラ

シャッターボタンの左横に倍率調整があるのですが、そこでは「0.6X」「1X」「2X」とあります。0.6Xは超広角の119°で撮影、1Xは標準、2Xはデジタルズームです。望遠カメラは付いていないのであくまでもデジタル的に拡大しただけのモードが2X。

スマホの多眼カメラは必ず深度測定用があるので標準と広角と深度測定で3眼と思ったんですよね。

でもこのカメラ、さらのもう一つカメラがあるはず…。スペックにはマクロがあるようなのですが、どうやるんだろう??と思った。そうしたらメニューに隠れていた。なのでいちいちメニューを開いてマクロに切り替える必要があるのでこれはちょっと不便。

マクロモードはメニューに隠れている
マクロモードはメニューに隠れている

Xiaomi Mi Note 10は望遠・標準・広角・マクロまでシームレスに倍率を変えるだけで切り替わっていくのでNote 9Sは意図的にせざるを得なかったと思われます。Redmiブランドとの差別化なのかもしれませんが、わざわざここで差別しなくてもいいようには思いましたけど特別な事情があったのでしょうね。

また、当然のことながらMi Note 10のほうが写真写りは断然キレイですので、カメラは価格相応と思って期待はそんなにできません。キレイなスマホがよければMi Note 10やProをどうぞ、ということになります。

さいごに

やはり価格のインパクトがとてつもなくヤバかった。

24,800円ですから。

手に持った瞬間にクオリティーの高さはわかると思う。ほとんどの人がこの価格だと文句のつけようがないと思う。これはチープなスマホではなく、Xiaomiの世界に入るためのエントリーモデルであるために安くしているというだけにすぎない。Xiaomiはスマホというハードで儲けるつもりはないのでそれができる。

お手頃価格のSIMフリースマホを探しているならもうこれ一択でいいのではないか。

確かにデカスマホの部類ですのでコンパクトなスマホだったら候補から外れるとは思いますが、これだけのコスパ感のいいスマホが登場したので、ここはひとつコンパクトはあきらめて積極的にこのスマホを選ぶいい機会だと思う。

一度大きいスマホに慣れてしまえば、大きいスマホはバッテリーが多かったり大画面なので情報量が多いし、カメラの写真移りの確認がしやすいとかのメリットがあるだけでなく、グローバルなサイズなので魅力あるスマホが増え選択肢が広がる。簡単に言えばなにかとオトクな生活ができるようになる。コンパクトの呪縛からそろそろ解放されてもいい。

iPhone SEよりRedmi Note9Sのほうがいいのでは??
iPhone SEよりRedmi Note9Sのほうがいいのでは??

当面、スマホの話題の中心になりそうなXiaomi。これからもコスパ感とクオリティーの両面でスマホ業界をリードする存在となりそうです。

こんなキレイなスマホなのでケースでしっかり守りたいですよね。ケース選びはこちらの記事をご覧ください。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

iPhone SE 2の色選び!ホワイト白があれっ?11やXRと比較してわかったこと。

Pocket

こんにちはっ!

2020年売れに売れているiPhoneと言えばiPhone SE第二世代(iPhone SE2)。

特にここ日本ではiPhoneじゃないとイヤッという人が多く、コンパクトなスマホじゃないとダメッという人もまた多い。困ったものだ。

そんな人にはiPhone SE2。

iPhone SE2を持った瞬間、このサイズ感はいいよね!って素直に思う。このわかりやすさ。iPhoneのミニチュアみたいだ。

さて、iPhone SE一択で決めているアナタ。次はカラーで悩んでいるのではないでしょうか。

iPhone SE2のカラーバリエーションはたった3色。iPhone SE 2はかなりコストダウンしているので少ないのはやむを得ないところ。

しかも三色って白・レッド・ブラックってちょっと!このカラーチョイスは日本の無難なカラー三原色。誰も話題にしないつまらないカラー。iPhone SE2はそんな大人しい日本をターゲットにしたスマホだということが伝わってくる。

なのであえて記事として取り上げようと思う。

さて、iPhone SE2のカラー。皆さんはどの色を選びますか?

白だという人。

お目が高い。

白は清潔感と高級感を併せ持つカラーだしカジュアルにもフォーマルにも使える。私も白を選びました。

それで以前こんな記事を書いたんだけど、iPhone 11と比較して気づいたことがあったんです。

それは同じiPhoneでも白の色合いが違うということです。

自然界の白を改めて見渡してみると、白って実にさまざまなんです。真っ白からクリーム色、ベージュに近いものまで。

それで意外に白って期待と違うということもあり得ます。そこで今回はiPhone XRとiPhone 11とiPhone SE2の白色を比較してみたいと思います!後悔しない白選びをしましょう。

iPhone XRと11とSE 2の白色を比較!

では早速比べてみましょう。左から右にかけて順番にiPhone 11、iPhone SE2、iPhone XRになります。この比較からわかりますが明らかにiPhone 11は異なり、クリーム色に近いです。

左からiPhone 11、iPhone SE 2、iPhone XR
左からiPhone 11、iPhone SE 2、iPhone XR

iPhone SE 2とXRは違いはわかりませんが、ごくごく微妙にXRのほうがグレーがかっているように見えることがあります。でもごくわずかなので気のせいかもしれません。

奥から順に11、SE2、XR
奥から順に11、SE2、XR

光の当たり方によるのかな?でもやっぱりよ~く見るとXRは少しグレーかもしれない。

左がSE 2で右がXR
左がSE 2で右がXR

うーん。XRとSE 2は同じかな??

左からSE2、XR、11
左からSE2、XR、11

でもやっぱり全く同じではないようにも見える。XRとSE2の発売日は1年10カ月違うので製造工程だって見直されているでしょう。微妙に違っていてもおかしくない。言い方は悪いけどSE 2が一番単純な白。価格差がありますので塗装回数が違うとかあるのかもしれません。

上が11で左がSE 2で右がXR
上が11で左がSE 2で右がXR

カメラの縁取りはどれもシルバーリングで囲ったデザインは同じ。

左がXR、右が11、上がSE2
左がXR、右が11、上がSE2

11とSE2は同じ白というモデルなのに明らかにこんなに違う。11は高級感を強めている。

左が11で右がSE2
左が11で右がSE2

近づいて比較するとやっぱり3台とも違う。SE2とXRは酷似で比較しないとわからないレベル。11は白って言ってもいいのか?というぐらい違う。

左から11、SE2、XR
左から11、SE2、XR

フレーム部分は11はゴールドでSE2と11はシルバー。iPhone 11を最初に持った時、カラーはiPhone XRと全く同じでカメラがデュアルになっただけと思ったんですけど、比較すると全然違う

左から11、SE2、XR
左から11、SE2、XR

ということで真ん中にあるiPhone SEの白は左右にある11とXRと比べるとごく若干ですが安っぽい感じはしました。

左から11、SE2、XR
左から11、SE2、XR

さいごに

2020年6月時点の税込価格がiPhone 11が64Gが82,280円、iPhone SE2が64Gで49,280円、iPhone XRの64Gが70,928円。

価格差としてはiPhone 11やXRの価格差は1万円ちょっとだけどiPhone XRとSE 2の価格差は2万円の開きがある。なのでSE 2はフレーム部分も含めてXRよりは少し安っぽい感じがしないこともない。気のせいかもしれないが…。

左からiPhone 11、SE2,、XR
左からiPhone 11、SE2,、XR

SE2の白は悪く言えば安い冷蔵庫の白みたいでベタっとした白。まあでも単にiPhone SEだけを持てば気づかないと思う。SE2だって5万円もするスマホなので価格帯としては高級の部類に入るのでそこはAppleもうまく作ってある。

冷蔵庫の白?
冷蔵庫の白?

それに対してiPhone 11の白は他のスマホにもない微妙に高級感を出している色なのでおススメできますね。言い方を変えればSE2みたいな人工的な白ではなく11は自然に存在する色で目に優しくてスッと入る。

左はiPhone 11で右はSE2
左はiPhone 11で右はSE2

こんなAppleのこだわりあるカラーコーディネイトの力量も評価していいと思います。この11の白はHUAWEIもXiaomiもOPPOも真似できないだろう。iPhone 11はデュアルカメラで自然なボケ写真も撮れるし、後からじわじわと良さが伝わるスマホだと思う。

それでも皆さんはSE2一択なんでしょうけどね。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

XiaomiはHUAWEIの代わりになるか?実際にMi Note 10を使って比較して思ったこと。

Pocket

こんにちはっ!

今注目のSIMフリースマホと言えばXiaomiだと思う。

実際売れているのはHUAWEI P30 liteだけどHUAWEIはもうラストミニッツな存在だ。

2020年5月29日に発売されたnova lite 3+は実にHUAWEIらしくない迷走したスペックだった。あのスペックで2万以上ではもはやコスパ感はない。HUAWEIらしくないことはHUAWEI自身も十分わかっているだろう。

それに対してXiaomiはこの2020年から日本のマーケットの反応を見ながら力を入れていくと思われます。

2019年12月下旬にXiamiは当初の予定を前倒ししてMi Note 10とMi Note 10 Proが登場。そして2020年6月2日はMi Note 10 liteが登場する。

ところで2020年5月31日の夜はamazonのタイムセールでMi Note 10のミッドナイトブラックが49,800円で販売された。今後もlite発売の影響で価格が下がるかもしれないので要チェック。

さて。私はHUAWEIのスマホには長年お世話になってきたけどGoogle抜きのスマホはあり得ない。それで数年前からHUAWEIの代わりになるスマホは何があるか考えてきた。

OPPOか?と思ったけどやはりColor OSはiOSとAndroidの悪いとこどりという最初のインパクトが今でも完全にぬぐえないので好きになれない。なんというかiOSに近いんだったら無理せずiPhone使えばいいと思う。iPhoneは一つの世界として完成されている。せっかくAndroidを使うんだから、Androidらしいエンジニアリングといったらいいのだろうか…それを楽しみたいと思っている。

そこでXiaomiだ。

実際に買ったXiaomi Mi Note 10。これが結構手ごたえがあって良い。今回はそのあたりを書きたいと思う。

カメラは?

Xiaomi Mi Note10は1憶画素のメインカメラを含め5個もレンズがあるペンタカメラでインパクトがあってMi Note 10だぞ~というメガ盛り気分があっていいですよ。

Xiaomi Mi Note 10はペンタカメラ
Xiaomi Mi Note 10はペンタカメラ

でも今回、カメラについてはそんなに多くは書かない。興味があれば次の記事でXiaomi Mi Note 10やiPhone 11など主要なスマホのカメラの写真を簡単に比較しているのでご覧ください。

この記事にも書きましたがカメラの性能ってスマホの価格にだいたい相応している。いくらHUAWEIでもnova liteシリーズとかはキレイではないですし、HUAWEIのLeica監修フラッグシップスマホはカメラはキレイだけど8万円近くするので、今回のMi Note 10と比較対象でもない。

ただ、スマホって高いからといって自動的にカメラもいいとは限らないのが困ったところ。

ではXiaomiはどうか?

Xiaomi Mi Note 10が5万円台のスマホということで、SIMフリースマホのボリュームゾーンの2~3万円よりも高額ですけど、その分キレイなので期待には応えてくれます。でもワンランク上の8万円以上するiPhone 11よりどうかと言うと…好みで評価はわかれそうです。Mi Note 10のほうが明るい写真が撮れるように感じるのでその観点だとMi Note 10のほうがシャキッとしてキレイと思うこともしれませんし、iPhoneのほうが暗いところはしっかり暗く表現するので深みを表現できると思うかも。

ただiPhone 11はProでさえマクロ撮影はできません。それで個人的には望遠・広角・マクロまで幅広く使えるMi Note 10は撮影シーンが広がるので普段持ち歩くのはMi Note 10のほうが楽しいかなと思っています。重宝しています。

そんな感じでMi Note 10もけっこうカメラを魅力あるものにしようとする意気込みは伝わってきますよね。

それから細かいですけどHUAWEIのカメラの設定で、手を挙げるとそれを自動認識してカウントダウンして撮影してくれるというモードはとても助かりますが、Mi Note 10にもあります。

これからいろいろ書きますけど、かゆいところに手が届くのがHUAWEIだったのですが、Xiaomiもそんなところがあるんです。

画面サイズ

まず好きな人は好きだと思うんです。画面の文字をとにかくちっちゃくしたい派。iPhoneでは物足りないでしょう?そんな人にもこのXiaomiはいいですよ。

フォントサイズは極小というXSサイズを選べます。上のステータスバーにあるアイコンとかもちっちゃい!!フォントサイズはXS・S・M・L・XL・XXLという6段階まで調整可能です。

フォントサイズをXSにできる
フォントサイズをXSにできる

フォントをXLで表示すると1画面で読める文字数は多いので速読がしやすいです。

文字がいっぱい
文字がいっぱい

ホーム画面の設定もいろいろあって自分好みにカスタマイズできます。アプリを入れなくても最初からカスタマイズできるメニューが多いのは個人的には好みです。

ホーム画面いろいろ設定できる
ホーム画面いろいろ設定できる

アイコンのサイズ自体を小さくできます。5段階に調整できます。

アイコンのサイズも変更できる
アイコンのサイズも変更できる

さらにホーム画面を4列じゃななくて5列にできたりしますのでやってみるとこんな感じ。5列でもゆったりした感じになる。

アイコンを5列に
アイコンを5列に

ノッチは隠せるの??

ノッチが登場したときに、HUAWEIのノッチを隠すという機能はある意味コロンブスの卵でした。私はノッチの形状は好きではなかったので、HUAWEIのスマホでノッチを隠す機能を好んで使っていました。画面がスッキリするんですよね。

OPPOにはノッチを隠す機能がありませんので、ノッチを隠すアプリを入れて対応するしかないのですが、アプリを探す手間があるし、アプリを入れると常駐させる必要があったりするしそうなると消費電力もかかるしとにかく良くありません。

Xiaomiはこの機能はあるのでしょうか??あります!しかも隠すだけでなく、隠してステータスバーをどこに出すかまで指定できる力の入れよう。つまり3つのパターンを選ぶことができる。

ノッチを隠すことができる
ノッチを隠すことができる

ユーザーエクスペリエンス的なところ

今の飽和状態のスマホの業界にもかかわらず、新しいスマホ買って便利になったなと感じたのがこれ。左右のサイドを内側になぞるとこんな感じで画面がくにゃって曲がったように見えるんですよね。この操作は「戻る」になるんです。

左右サイドが反応する
左右サイドが反応する

実際には片手で持って親指でスイッって内側に動かす操作になるのですが、これで戻ることが出来るのはとにかく便利だし直感的でわかりやすい。しかもこのスマホは曲面ディスプレイなのでその操作がツルッとしてやりやすいです。曲面ガラスって単に見栄えだけだと思っていたのですがこのデザインと側面操作を組み合わせるによって操作性が格段に向上しています。特にMi Note 10は縦長スマホなので画面下に指をもっていかなくていいは超楽です。

戻る操作が直感的でわかりやすい
戻る操作が直感的でわかりやすい

テーマで気づいた意外なところ

テーマを選ぶことで背景画像やアイコンなど一式を変更して自分好みのスマホにすることができます。Xiaomiでも選べるテーマがたくさんあって充実しています。

テーマギャラリーが充実
テーマギャラリーが充実

でテーマにiOS風になるというジョークテーマもあって楽しめます。Google PlayがApp Storeになってるし設定アイコンはおなじみの歯車でブラウザはSafari風になってこれはもうiXiaomiだ。しかも単に見栄えだけでなく、設定メニューの分類や並び方までiOSみたいにさえなって混乱するぐらいで笑ってしまった。

iXiaomiになる
iXiaomiになる

でもそれだけじゃないんです。実はここからがXiaomiらしいところです。

最初は気づかなかったけど、例えばテーマギャラリー見ていて「あっこれいいなっ」って思ったテーマは「プレミアム」って書いているんですよ。このiOS 13テーマだってプレミアムです。

このテーマはプレミアムです
このテーマはプレミアムです

HUAWEIとかASUS Zenfoneのテーマギャラリーもそうでしたが無料でダウンロードできるテーマと数百円で購入する有料テーマと二つに分かれていますよね。

なのでXiaomiのテーマもああやっぱりプレミアムか~、と思ってダウンロードしなかったんです。私はケチ…いや倹約家なので無料のテーマしか使わなかったから。

でも価格が書いていなかったからプレミアムボタンを試しに押してみたんです。するとこんな画面が出てきました。

見るだけでいいのだな??見るだけでいいのだな??
見るだけでいいのだな??

「広告ビデオを視聴すると、プレミアムテーマをダウンロードしたり、デザイナーに報酬を与えたりすることができます。」とある!なんと、視聴するだけでダウンロードできるんだ!

これはスゴイ。

実際視聴ボタンを押すと広告が20秒程度流れた後、×ボタンを押して広告を閉じればダウンロードできる。

プレミアムのテーマもたくさんあるけど全部使い放題なんです!これはスゴイ!

革命的にさえ思いましたね。このビジネスモデルはHUAWEIも超えたと思いました。

まあ実はテレビ番組が無料で見れてスゴイと言っているのと変わらないことなんですけど、いままでなかったことをやったのはやはりスゴイ。

アプリインストール後に広告が出るの?

広告に関連して思い出しました。以前の記事に書きましたが、アプリをインストールした直後に広告が出たんですよね。でも今アプリをインストールしても広告がでないんです。

で、このあたりはGoogleの広告ビジネスモデルに見習っているのか、どのタイミングで広告を出すかは常にXiaomi側で調整できるのではないかと思います。

ユーザーにとって不快に思えるならそれは辞めると思われます。それでアプリのインストール後は出さないようにしたのではないかと。

逆にプレミアムなテーマをインストールする前だったらユーザーはむしろ喜んで広告を見てくれますよね。

OSのアップデートは??

HUAWEIはAndroidパッチが定期的になされて適用が早かったですけどXiaomiはどうなのでしょうか?

左がHUAWEI P30 liteで右がXiaomi Mi Note 10です。2020年5月31日時点ではAndroidセキュリティパッチはどちらも2020年4月1日となっていて互角。

右がHUAWEI P30 liteで右がXiaomi Mi Note 10
右がHUAWEI P30 liteで右がXiaomi Mi Note 10

まあでもXiaomi Mi Note 10は6月2日にliteが直前に控えている状況だったのでアップデートも更新されて当然の状況ですね。今後も更新されるのかは見守りたいと思います。

ちなみにOPPO Reno Aは最新でもAndroidセキュリティパッチレベルは2020年2月1日なので少し古いことがわかる。やはりColor OSってAndroidの違いが大きい分、元のAndroidが更新されてもその反映には時間がかかっていることがわかる。それに昔から指摘してるんだけどOPPOは「セキュリティパッチレベル」みたいに半角カナつかうのヤメテクレナイカナ??銀行の通帳みたいで時代錯誤もいいところだ。このあたりHUAWEIやXiaomiはちゃんと全角使ってる。細かいけどそんなところに全体の姿勢が表れる。

OPPO Reno Aのセキュリティパッチの反映は少し遅い
OPPO Reno Aのセキュリティパッチの反映は少し遅い

で、流れがワンパターンかもしれないけど、恒例の電卓アプリと天気アプリを見てみたいと思います。

この二つのアプリの造り込み具合でだいたいスマホメーカーのスタンスとか緻密さとか考え方が意外にわかるので。

Xiomiの電卓アプリ

この通り、iPhoneと違って計算式が表示され、計算した後も途中も数字部分をタップして数値を変更したり計算式を変更することができるようになっている。この方式はHUAWEIも同じでかなり使えるんですよね。でもHUAWEIのほうがもう少しパソコンに近い操作で自然に修正できました。

Xiaomiの電卓アプリも使える
Xiaomiの電卓アプリも使える

さらに左下のボタンを押すと関数電卓に早変わり!

関数電卓に早変わり
関数電卓に早変わり

HUAWEIはスマホを横にすると自動的に関数電卓になるという裏技がありました。これはiPhoneが横にすると関数電卓になるので裏ワザというかiPhoneの影響と思われます。でもXiaomiのほうが縦でも関数電卓を使えるので便利だしわかりやすい、つまり実用的なのは明らかです。

天気アプリ

文句ないですね。その日の情報と明日、明後日の天気も一つの画面で見えます。

そこそこ見やすい
そこそこ見やすい

5日間の天気をささっと見ることも出来ます。微妙にHUAWEIのほうが見やすいかなというぐらいでした。

5日分の天気もパパっと見れる
5日分の天気もパパっと見れる

ということで結論

XiaomiはHUAWEIの代わりになるか?

XiaomiはHUAWEIの代わりになるか?
XiaomiはHUAWEIの代わりになるか?

その答えは十分YESと言える。

HUAWEIを超えたと思えるようなこともいくつかある。

設定メニューが豊富できめ細かくカスタマイズできるようになっている。

Andoridはなんでもカスタマイズはできるけど、私はいちいちパソコンにつないでadbコマンド叩くとかどうこうとかやりたくない。必要なら最後はやってもいいと思うけど。時間をかけずにAndroidのように自由にカスタマイズしたいという気持ちを十分に受けとめてくれている。ノッチを隠すといったHUAWEIでできたことができないということもXiaomiにはなかった。

あとやはりビジネスモデルが違うのは大きい。HUAWEIとは別の方向性に向かっているので結果としてHUAWEIを超えることさえできている。

テーマがプレミアムも含めて無料…というか広告主が代わりに払ってくれるというシステムは面白い。

テーマに限らず、HUAWEIと違ってプロセッサーにQualcomm社のSnapdragonやゴリラガラスといったデファクトスタンダードなパーツを使って大胆なコスパ感を出すことができるのは、広告ビジネスの発想が根底にあるからなのでしょうね。

久々に熱くなれるスマホメーカーが日本にも参入したように思います。

これからの展開がとても楽しみです。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket

Xiaomi Mi Note 10の透明クリアケースを再び買ったけど超軽量でびっくり

Pocket

こんにちはっ!

スマホって次々と登場してどれがいいのか目移りしますよね。

競争が激しいので半年たてば色あせるものですが、個人的には買ってから半年たっても魅力は失われていないなぁと感じるのがこちら。

Xiaomi Mi Note 10。

どちらかというと私はAndroidはコスパ系スマホばかり使ってきたのでGalaxyとかXperiaとか使ってきた人から見れば印象はまた異なるとは思います。

ただXiaomiはキャリアの支援もなく、またメディアの協力を得ることも控えめにしているという姿勢も個人的に好きですね。ユーザーの口コミで盛り上げようとしている。立ち上がりに時間はかかるだろうけど、これからは私もそれでいいと思っています。余計なバイアスは入らないほうがいい。

そんなスタンスで1憶画素カメラとか1.5cmまで近づけるマクロとか曲面ディスプレイとかワクワクする機能が満載のフラッグシップっぽい雰囲気なのに5万円台という価格。実際使って見るとHUAWEIの代わりになり得るのはOPPOではなくこのXiaomiではないかと感じています。

ああ、今回はケースの話でしたね。

それで以前、こんな透明ケースを買ったわけです。私はスマホは必ず透明ケースを買う派となってしまいました。安いし背面のデザインも楽しめるので。

そのレビューはこちらに書いています

それが最近なんだか白濁していたんです。わかりますかね?例えばxiaomiのロゴの下あたり。

Mi Note 10の透明ケースが白濁
Mi Note 10の透明ケースが白濁

これがXiaomiのミッドナイトブラック色だから手垢が目立つのか原因はわかりません。ちょっとした汚れではなく強く押したり爪でこすったりしてようやく取れる感じなので、他の透明ケースを買ってみました。

このように気軽に買い替えられるのが透明ケースのいいところ。

今回買ったのはこちら

スリムとか書いているけどそんなに期待していません。前回と同様500円ぐらいだから買ってみました。

パッケージはこんな感じです。ジッパー付きの袋で簡単に開きます。つまり開封済みかどうかわからないシンプルなパッケージ。

パッケージ
パッケージ

一応、裏面には新品って書いてある。

パッケージ裏面
パッケージ裏面

梱包材が一つ入っていて形状がつぶれないようになっていますね。

梱包材が入っている
梱包材が入っている

見てみるとけっこういい感じです。ドットパターンも小さめです。

ドットパターンも小さい
ドットパターンも小さい

装着してみた!

こんな感じでなかなか良いです。ミッドナイトブラックいいよね~。

Mi Note 10に透明ケースを着けた様子
Mi Note 10に透明ケースを着けた様子

ドットパターンはこの程度です。最近はずいぶんと目立たなくなりましたね。

ドットパターンは目立たない
ドットパターンは目立たない

そしてこの透明クリアケースはストラップホールが付いていました。前回のケースはなかったのでその点が違いますね。

ストラップホールがある
ストラップホールがある

カメラ周辺部分の処理。普通ですね。それにしてもMi Note 10のカメラはカッコイイ!!

カメラ周辺
カメラ周辺

横から見ると曲面ガラス部分の処理はしっかりケースが開口されていて表示の邪魔にならないようにデザインされています。

しっかり開口している
しっかり開口している

さてこのケースの重さは??

なんと18グラムだった!軽い。全く期待しないで買ったけど、商品名のタイトルにスリム薄型と書いているのはウソではなかった。前回のケースは26グラムだったので透明ケースでもこんなに違うんですね。ちなみにスマホに付属していた純正ケースは22グラムです。

18グラムとは軽い!
18グラムとは軽い!

前回のを重ねて比較してみたけどそんなに違いはなかった。左が今回のケースです。

左が今回の右が前回のケース
左が今回の右が前回のケース

重ねて置てみました。上が今回のケース、下が前回のケース。それで気づきましたが今回のケースはスピーカーの穴がちゃんと4つ加工されていますね。

上が今回のケース、下が前回のケース
上が今回のケース、下が前回のケース

本体を含めた総重量は?

こんな感じで228グラムです。以前のケースは236グラムでした。微妙な違いだけど220グラム台になるのは満足ですね。

本体を含めると228グラム
本体を含めると228グラム

さいごに

Mi Note 10は比較的重いスマホなのでできるだけ今回のような軽量ケースは助かりますよね。

500円程度の製品ごときでここまで記事を書くのもどうかと思ったんだけど、同じ透明クリアケースで価格も似たようなものなのに、こんなにも違うのかと思いました。

この違いは買って実際に比較してみないとわかりませんが、Xiaomi Mi Note 10用の透明クリアケースとしては今回のこのケースおススメできると思います。

それではまたっ!

スポンサーリンク
Pocket